住宅ローンの審査基準は画一的?


ホーム住宅ローンの審査基準>住宅ローンの審査基準は画一的?

住宅ローンの審査基準には年齢や収入面、担保、返済比率などいろいろな基準がありますが、これら住宅ローンの審査基準は画一的なのでしょうか?
つまり申し込む人によって収入面をはじめとして当然のことながら異なるわけですが、審査基準はどんな人でも一律一定なのか、それとも申込む人の状況に応じて弾力的に審査を行っているのかどうかという問題です。

これについてはずばり通常の銀行では画一的です。
一例をあげます。
ここに2人のAさん、Bさんが住宅ローンを申し込むとします。
Aさんの年収は500万円、Bさんの年収は2,000万円とします。
簡略化するために収入以外の条件はまったく同一とし、AさんもBさんも過去から現在まで一切借入はないものとします。

住宅ローンの審査基準の1つに返済比率というものがあります。
返済比率というのは収入に占めるローン返済の割合のことです。
この返済比率は銀行よってまちまちですが、おおむね30%~35%のところだと思われます。

仮に返済比率の基準を35%とします。
するとAさんの収入は500万円ですから、この35%は175万円。
そしてBさんの収入は2,000万円ですから、この35%は700万円となります。

Aさんはローンの返済額が年間175万円以内に納まる範囲の住宅ローンが利用できます。
Bさんはローンの返済額が年間700万円以内に納まる範囲の住宅ローンが利用できます。

Aさんの場合は年間収入が500万円ですから、年間175万円のローン返済をしたあとは手元に325万円が残ります。
この325万円で日々の生活費などに充当するわけです。

ところでBさんの場合は年間収入が2,000万円ですから、年間700万円のローン返済をしてもまだ1,300万円が残っています。
Bさんの場合はまだまだローン返済に回せる余裕がありそうです。
年間1,000万円ほどはローン返済に費やしても構わないとBさんは考え、もっと住宅ローンの金額を増やして、より充実したマイホームを購入しようと考えたとしても不思議ではありません。
年間1,000万円をローンの返済に回しても残りの1,000万円で十分生活費などが賄えそうです。

しかし1,000万円をローンの返済に回すとなるとBさんの返済比率は審査基準の35%を超え、50%となってしまいます。
この場合、客観的にはBさんは十分に住宅ローンを返済出来る余力があると考えられますが、返済比率をオーバーしているため住宅ローンの審査基準に抵触し住宅ローンの審査が通らないことになってしまいます。

大多数の銀行では住宅ローンの審査基準は画一的です。
これは住宅ローンの審査基準を極力簡素化し、コストを抑制する目的もあります。
審査基準を弾力的に設ければ、申し込む人の事情に応じてもっと幅広く住宅ローンのニーズに対応できるのですが、大多数の銀行では住宅ローンの審査基準は画一的であるのが現状です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト