住宅ローンの基礎 物件価格のいくらまで借りられる?

ホーム住宅ローンの借入可能額>物件価格のいくらまで借りられる?

住宅ローンがいくらまで利用できるかは気になるところだと思います。
住宅ローンがいくらまで利用できるかは返済比率と担保評価によって異なってきます。

返済比率というのは収入に占めるローンの返済額の割合のことです。
基本的には収入が多いほど利用できる住宅ローンの金額は多くなります。
また返済比率のローン返済額のところは住宅ローンだけでなくほかのローンがあればその返済額も含みますから、住宅ローン以外にローンがあると利用できる住宅ローンの金額は減少します。





さらには購入物件の担保評価によって住宅ローンの利用は制限を受けます。
通常の銀行では物件価格の8割を担保価格としているところが多いため、住宅ローンの利用可能額は物件価格の全額ではなく8割となるのが一般的です。

残りの2割は住宅ローンの利用が出来ませんから、自己資金を用意しなければなりません。
しかし物件そのものやどの業者が物件を分譲しているかなどによって、物件価格の100%まで住宅ローンの利用が可能なケースもあります。

このように通常の銀行の住宅ローンでは利用可能額は原則物件価格の8割、例外で物件価格の100%というところが多いと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%