繰上返済

更新日:

ホーム住宅ローンの返済>繰上返済

今借入している住宅ローンを見直す方法の1つとして繰上返済があります。
毎月の返済は元金と利息の合計額です。
住宅ローンを利用したばかりのころは毎月の返済額の半分以上は利息の支払に充当されますから、なかなか住宅ローン残高が減らない実感を抱くと思います。

これに対して繰上返済は返済額すべてが元金の返済に充当されますから、着実に住宅ローン残高が減少します。
加えて利息は住宅ローン残高に対してかかってきますから、繰上返済した部分の利息がますまる軽減されることになります。

繰上返済の方法その1 期間短縮型

このようにメリットのある繰上返済ですが、繰上返済の方法には2つあります。
1つは「期間短縮型」と呼ばれるものです。
繰上返済後も毎月の返済額は従来どおりにして、繰上返済した分だけ住宅ローンの期間を短縮します。

「期間短縮型」は後述する「返済額軽減型」と比べてトータルで支払う総利息額が軽減されるメリットがあります。
「期間短縮型」は住宅ローンを借入している期間が短くなります。
住宅ローンの借入期間が短くなるということは、住宅ローンの残高が「返済額軽減型」と比べて急ピッチで減少することになります。
利息は住宅ローンの残高に対してかかってきますから、住宅ローンの残高が早く減る方が利息の負担が少なくなるわけです。

このようにメリットの多い期間短縮型ですが、1つだけ注意点があります。
それは一度期間短縮をした後、今度は期間を延ばすことが出来ないということです。
期間を延ばすことが絶対に出来ないというわけではありませんが、その場合は「条件変更」と呼ばれる手続をとらなければなりません。

条件変更とは簡単に言うと「返済が苦しいから期間を延ばして月々の返済負担を軽くする」ということです。
この場合は適用金利の引き上げなどがありますから、住宅ローンの利用者にはデメリットとなります。

ですから期間短縮型の繰上返済を行う場合は、今後の出費予定などライフプランをきちんと見定めてから実行に移すことをおすすめします。

繰上返済の方法その2 返済額軽減型

繰上返済の2つめは「返済額軽減型」と呼ばれるものです。
これは繰上返済しても住宅ローンの期間は変えずに、その代わりに月々の返済額を少なくする方法です。

繰上返済の具体的な方法

繰上返済を行う場合は、住宅ローンを利用している銀行などにまずは連絡をしてください。
銀行によって異なりますが繰上返済はいつでも可能な場合と、毎月の返済日のみ繰上返済が可能な場合があります。
ですから事前に銀行等に問い合わせをして、繰上返済が出来る日を確認しておいてください。

また銀行によっては繰上返済時に手数料が必要な場合があります。



-住宅ローンの返済
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.