親子リレー返済

更新日:

ホーム住宅ローンの借入可能額>親子リレー返済

管理人の自宅の近くでは最近二世帯住宅と思われる住宅が目立ってきたように感じています。
銀行などの住宅ローンでは二世帯住宅、つまり親子が同居するために購入(建築)する住宅ローンとして「親子リレー返済」が用意されています。

親子リレー返済とは

親子リレー返済とは、住宅ローンを親子で返済するタイプのものです。
住宅ローンの申込みにおいて、子供や孫などを後継者を連帯債務者として、将来、申込者本人が高齢などの理由で返済が困難となったときに、後継者である子や孫が残りの住宅ローンを引き継いで返済していくものです。

親子リレー返済のメリット

親子リレー返済のメリットとしては高齢になっても住宅ローンの申込みが可能であることです。
一般的に住宅ローンは完済時の年齢が75歳とか80歳までと定められているため、高齢になってから住宅ローンの申込みを行っても、返済期間が十分に取れず返済比率等の住宅ローン審査基準に抵触してしまうことがよくあります。
その点、親子リレー返済の場合は、後継者である子や孫の年齢も勘案して長期の返済期間が確保出来ますから、返済比率の審査基準に抵触してしまうケースが少ないかと思われます。

親子リレー返済の要件

一方で親子リレー返済は後継者である子や孫の返済能力も勘案して審査が行われるため一定の要件があります。
主なものを列挙しますと、
・申込み本人の子孫であること
・後継者である子や孫に安定した収入があること
・後継者である子や孫が融資を受けた住宅に申込者本人と同居すること(将来同居することでも可)
・連帯債務者になること
などです。

親子同居を考えている方にはおすすめの住宅ローンです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンの借入可能額
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.