変動金利型の5年ルールと125%ルール

更新日:

住宅ローンの変動金利型は文字通り、ローン期間中に金利が変動するタイプの住宅ローンです。
金利が上がればローンの利息が増加し、逆に金利が下がればローンの利息が減少します。
金利が下がる分は歓迎すべきことなのですが、金利が上昇する、とりわけ急激に金利が上昇した場合、住宅ローンの返済額が大幅に上昇してしまうリスクがあります。
これを緩和するために、住宅ローンの変動金利型にはつぎの2つの緩和策が設けられています。

5年ルールとは

1つめは5年ルールと呼ばれるものです。
住宅ローンの変動金利タイプの場合、通常、金利の見直しは年2回行われます。
住宅ローンの毎月の返済額は【住宅ローンの元金返済部分+利息】の内訳になっていますが、多くの人が利用している元利均等返済は毎月の返済額が一定になっています。
わかりやすく簡略化して説明しますと、例えば【元金5万円+利息5万円】の合計10万円を毎月返済していくことになります。
そして金利が上昇した場合、利息部分が増加します。
例えば金利の上昇により毎月の利息支払が1万円増加して、6万円になるとします。
そうすると毎月の返済額は【元金5万円+利息6万円】の合計11万円となってしまい毎月の返済額が1万円増加してしまいます。
そこで5年ルールが適用されて、毎月の返済額が10万円になるように元金の返済額が調整されます。
つまり【元金4万円+利息6万円】で合計の返済額はあくまでも10万円になるように調整されるのです。
金利の変更があっても5年間は毎月の返済額が一定となるように調整されることを5年ルールと呼んでいます。
そして5年経過後に、その時点の金利や住宅ローンの残存期間、残高によって返済額を見直すことになります。

125%ルールとは

さきほどの5%ルールのところで、5年経過後に返済額を見直すことになると説明しました。
住宅ローンの金利が大幅に上昇した場合には、5年経過後に返済額を見直すと大幅に毎月の返済額が上昇してしまう恐れがあります。
これを緩和するために、見直し後の返済額は従来の返済額の125%を超えないように抑制されます。
これが125%ルールと呼ばれるものです。

5年ルールも125%ルールも利息が繰り延べされる

5年ルールも125%ルールも大幅な返済額のアップを抑制する施策なのですが、勘違いしてはいけないのは抑制された返済額部分は以降の返済に繰り延べされるだけです。
決して免除されるわけではありません。
2つのルールはいずれも急激な金利上昇による影響の緩和を目的としていますが、金利の上昇により当然ながら利息が増加します。
5年ルールも125%ルールも、これが適用される場合には本来支払わなければならない利息が繰り延べされて返済額全体が調整されているのです。
利息を将来の返済に繰り延べしているわけです。
決して免除されるわけではありませんので注意が必要です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンの金利
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.