信用保証協会の求償債権の時効とブラック

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会の求償債権の時効とブラック

質問
平成4年頃に不渡りを出し倒産し、平成15年頃に自宅を競売により売却して信用保証協会に一部弁済をしております。
現在、他県で2年前に会社を設立し銀行融資や住宅ローンの利用は可能ですが、信用保証協会の保証付の事業融資が受けられません。
信用保証協会の求償債権の時効は5年と聞きますが、時効の援用をすれば信用保証協会の保証は受けられるようになりますか。



回答
時効の援用をすれば、確かに信用保証協会に対する求償債務の返済から免れることは出来ます。
ただこのことは信用保証協会から見れば「貸し倒れ」ということになります。
信用保証協会は「貸し倒れ」が発生した先に対して、再び新規の保証を行うことはありません。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。