資金計画のすすめ

更新日:

ホーム住宅ローンと頭金(自己資金)>資金計画のすすめ

住宅ローンの一般的な返済の目安は年収対比20%台

住宅ローンの返済の目安は一般的には年収に対し20%~30%程度だと言われています。
銀行の住宅ローン審査基準である返済比率もおおむね同水準に設定されています。
しかしここで間違ってはいけないことは住宅ローンが借りられることと住宅ローンが返済出来るということは別だということです。

年収に占める返済の割合が20%~30%であれば、多くの人は住宅ローンを利用することが出来るはずです。
ただこれはあくまで一般的な家庭の事情に基づくものであって、個々の家庭の事情は考慮していません。
家庭によっては子供の教育費が一般よりもかかるところもあれば、また医療費負担が大きい家庭もあるはずです。

住宅ローンの検討にあたっては個々の事情を考慮することが大切

したがって住宅ローンの利用を真剣に検討することは一般的なことではなく、個々の事情を考慮して住宅ローンの借入金額などの利用条件を決定することが大切です。

個々の事情を考慮するには家計の現状分析を行うことがもっとも近道で確実な方法です。
家計の現状分析というと難しい感じがするかもしれませんが、家計簿を毎日つけておけば自然に家計の現状分析を行うことが出来ます。
1ヶ月だけではなく、出来れば1年間の集計で家計分析をされることをおすすめです。

住宅ローンでは「借りられる」ではなく「返せる」という視点が大切

家計の分析を行うことによって実際我が家ではどれだけ住宅ローンの返済に回せるのかがはっきりと見えてきます。
その上で銀行の窓口で相談すれば、「借りられる」住宅ローンの金額ではなく、「返済出来る」住宅ローンの金額がはっきりと見えてくるはずです。

住宅は大きな買い物で、また最も大切な買い物です。
簡単に失うことは出来ないはずです。
したがって住宅ローンの検討にあたっては「どれだけ借りられるか」ではなく、事前に家計分析を行って「これなら確実に返済出来る」という視点が大切です。



-住宅ローンと頭金(自己資金)
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.