スマホ代金滞納でローン審査に影響が出ます


2013年03月03日

ホーム個人ローンの審査>スマホ代金滞納でローン審査に影響が出ます

スマートフォンの代金を分割払いで支払っている人は多いと思いますが、その代金の滞納を安易に考えると将来大きなしっぺ返しにあいます。
スマートフォンの代金の分割払いの履行状況は個人信用情報機関に登録されています。
したがって代金の滞納の事実も個人信用情報機関に登録されます。
個人信用情報機関の登録内容は銀行の個人ローンの審査時には必ず参照する項目です。
滞納記録があると、ローンの返済能力に大きなマイナス要因となりますから、ローン審査が通らないという事態になります。
将来住宅ローンが利用出来ないといったケースも想定されます。

単にスマートフォンの代金支払いが遅れているだけと安易に考えると、後で大きなしっぺ返しを受けます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%