中古住宅で増改築部分未登録がある物件と住宅ローン


2013年03月09日

ホーム住宅ローンと違法建築>中古住宅で増改築部分未登録がある物件と住宅ローン

質問
中古の戸建て住宅を購入する計画があります。
先日不動産屋さんから説明を受けたのですが、建物が増改築されておりそれが未登記だということです。
非常に気に入っており購入したいと思っているのですが、不動産屋さんからは銀行の住宅ローンは難しいかもしれないと伺いました。
やはりそうなのでしょうか?

回答
未登記のままであると銀行の住宅ローンは利用出来ません。
理由は2つあります。
1つは住宅ローンでは購入する自宅(土地と建物)に担保設定を行いますが、建物の一部が未登記であれば実態とは異なる登記済みの建物を担保設定せざるを得なくなります。
実態とは異なる建物に担保設定をするということは銀行としては受け入れることが出来ません。

2つめは社会的な問題です。
建物を増改築すればそれをきちんと登記を行う義務が私たちにはあります。
建物を増改築したにも関わらず登記をしていないということは、つまり違法です。
このような違法であることを銀行は知りながら、その購入や売却に住宅ローンを介して協力することは社会的に見て許されることではありません。

増改築部分のきちんと登記をすれば、もちろん住宅ローンの対象となります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%