住宅ローンの基礎 住宅ローン借入可能限度額は年収と年間返済額で決まる

ホーム住宅ローンの借入可能額>住宅ローン借入可能限度額は年収と年間返済額で決まる

住宅ローンの借入可能限度額と年収との関係

ご存知の方も多いと思いますが、住宅ローンの借入可能限度額は申込人の年収によって決まります。
説明を簡単にするために現在の借金がゼロの人が住宅ローンを申し込むとします。
銀行の住宅ローン審査の項目に「返済比率」というものがありますが、この返済比率は年間の返済額合計が年収の何割かという数値です。
したがって年収が多いほど返済比率は低くなりますから、年収が多いほど住宅ローンの借入可能限度額は多くなるわけです。

住宅ローンの返済比率は銀行によって異なりますが、おおむね下記のとおりとなります。
年収(税込) 返済比率
150~250万円未満 25%以内
250~400万円未満 30%以内
400~600万円未満 35%以内
600万円以上 40%以内





住宅ローンの借入可能限度額を増やす方法

住宅ローンの借入限度額を増やすには次の2つの方法が一般的です。
1つが収入合算です。
例えば妻を収入合算者として夫の年収に妻の年収を加算する方法です。
妻の年収を加算することにより当然ながら「返済比率」を計算する上での年収が多くなりますから、妻の年収の分だけ返済比率が低下し、住宅ローンの借入可能限度額が増加するわけです。

住宅ローンの借入限度額を増やすもう1つの方法が住宅ローンの借入期間を長くすることです。
住宅ローンの借入期間を長くすることにより年間返済額を低くすることが可能ですから、この方法でもやはり「返済比率」を引き下げることが出来るのです。
なお多くの銀行では住宅ローンの最長期間を35年としていますから、借入期間を長くするといっても35年が限度となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%