商流が見えるとプロパー融資がしやすくなります


2013年04月20日

ホーム銀行融資審査マンの心理>商流が見えるとプロパー融資がしやすくなります

銀行融資の審査の中心は決算分析よる返済能力の有無が中心ですが、決算内容が良好で返済能力が認められるからといって、やたらに銀行がどんどんと融資を行うわけでもありません。
信用保証協会の保証付融資であれば、万が一の場合でも信用保証協会による代位弁済により融資を回収することが出来ますから、信用保証協会の保証付融資であれば決算分析だけでも良いかもしれません。
しかしプロパー融資となれば、万が一の場合には銀行は貸し倒れに直面する危険が高くなります。
したがって決算分析だけではプロパー融資などの突っ込んだ融資を銀行はしづらいのです。

融資の先のリアルな姿、つまり商流が見えて足元の融資先の状況が把握出来る環境にあると銀行は安心出来るのです。
預金口座に売上の入金がある、預金口座から仕入や経費の支払いがなされている。
このような状態にあると銀行は融資先の商流をリアルに把握でき、決算以降の融資先の状況が概ね把握出来ることになります。
逆に言えば、日々の売上の入金に使っている銀行には融資のお願いがしやすい状態にあると言えます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%