頭金から住宅ローン借入可能額を算出する方法

更新日:

ホーム住宅ローンの借入可能額>頭金から住宅ローン借入可能額を算出する方法

頭金によって住宅ローン借入可能額は違ってくる

住宅ローンの借入可能額は年収を基本に、その他の要素で決まりますが頭金の額によって住宅ローンの借入可能額を算出する方法をご案内します。
頭金の大小によって当然ながら住宅ローンの借入可能額は異なってきます。

一般的に頭金は住宅購入価格の最低20%と言われています。
この20%という水準は多くの住宅ローンの融資限度額が住宅物件価格の80%に設定されていることから出てきた水準です。
もっとも住宅物件価格の100%を住宅ローンの融資限度額とするところもあります。
つまり頭金なしでも住宅ローンが利用出来るということです。
しかし頭金を用意したほうが当然住宅ローンの借入額は少なくなる(=その後の毎月の返済額が少なくて済む)わけですし、一定以上の頭金を用意することによって住宅ローンの金利優遇を設けている銀行もありますので、頭金はぜひ準備されることをおすすめします。

頭金から住宅ローン借入可能額を算出する方法

さて頭金から住宅ローンの借入可能額を算出する方法ですが、それは、

【頭金÷0.2】

で求められます。
つまり頭金の5倍が住宅ローンの借入限度額ということになります。

例えば頭金が500万円である場合には、
500万円÷0.2=2,500万円(つまり500万円×5)が住宅ローンの借入限度額となります。



-住宅ローンの借入可能額
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.