自己破産後に彼女の姓を名乗ればローンなども組めるようになる?

ホーム個人ローンの審査>自己破産後に彼女の姓を名乗ればローンなども組めるようになる?

ローンなどを新規に利用する際には個人信用情報機関に登録されている情報が審査の参考情報として調査されます。
情報を調査する際には本人自身の情報が対象となるのが当然のことですが、本人であることを特定するために複数の情報を利用しています。
名前、住所、生年月日、電話番号など・・・。

例えば自己破産した人の当時の名前が鈴木一郎さんだとします。
結婚して高橋一郎さんになったとします。
その時点でローンの申込をした場合、高橋一郎さんの名前で個人信用情報に照会を行うことになります。
高橋一郎さん名義では自己破産していませんから、個人信用情報機関に自己破産の情報は登録されていません。
ただしその際に、生年月日が一致している鈴木一郎さんの自己破産情報も還元されることになります。
ローンの審査担当者としては生年月日が一致している鈴木一郎さんは、結婚して姓が変わった高橋一郎さんではないかと疑問を持つはずです。
実際のローン審査において高橋一郎さんは鈴木一郎さんではないかと側面調査等を行い、鈴木一郎さんと高橋一郎さんが完全に別人物であることが判明しない限り、ローンの審査を可決としません。

したがって結論としては姓が変わっても自己破産の事実は把握されるのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。