抵当権抹消の費用は誰が負担すべきなのですか?


2013年06月29日

ホーム住宅ローンと担保>抵当権抹消の費用は誰が負担すべきなのですか?

質問
銀行から借入している住宅ローンを完済したときに、抵当権の抹消にかかる費用は誰が負担すべきなのでしょうか?
銀行でしょうか?それとも私でしょうか?

回答
抵当権の抹消登記にかかる費用は、借入していた人が負担する費用となります。
勝手に言い方かもしれませんが、銀行は住宅ローンが完済となった場合、抵当権の抹消登記に必要な書類を交付しますが、実際に抹消登記をするかどうかは借入人に任せています。
言葉を換えれば銀行は抵当権が抹消されようがどうかは関知しないのです。
住宅ローンの利用者側から言えば、「銀行は抵当権を設定することにより住宅ローンが貸せたのだから、抹消は銀行負担」ということかもしれませんが、逆に銀行側から言えば「利用者は銀行から住宅ローンを借入出来たのだから、その手続きに必要であった抵当権の抹消は利用者が負担すべきもの」ということになります。
住宅ローンが完済となれば抵当権をそのままにしておくか、抹消するかは銀行にとって有利不利もありません。
逆に抵当権の抹消をすることの利益は住宅ローンの利用者側にありますから、利益を得る人が費用を負担すべきものという考え方なのです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%