親子の共有名義で自宅を住宅ローンを利用して購入しました

ホーム住宅ローンの返済>親子の共有名義で自宅を住宅ローンを利用して購入しました

質問
親子の共有名義で自宅を住宅ローンを利用して購入しました。
住宅ローンの借入人は子供で親が連帯保証人です。
その後、子供は住宅ローンが払えなくなり子供は自宅を売って住宅ローンの返済に充てたいと考えています。
ところが親は住宅ローンを払わない、自宅も売らないの一点張りです。
今後どのようにしたらよろしいでしょうか。

回答
住宅ローンの借入人が返済出来ないとなれば、銀行は連帯保証人に返済を求めます。
そして連帯保証人も住宅ローンを返済しないとなれば銀行は自宅に担保を設定していますから、最終的には自宅を競売にかけてその競売代金から住宅ローンを回収します。
競売代金で住宅ローンを全額回収出来ない場合には、残った住宅ローンについては引き続き借入人および連帯保証人に返済を求め続けることになります。
借入人や連帯保証人に自宅以外の資産があれば、それも競売等の手段にて回収することもあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。