契約社員であっても住宅ローンの申し込みを受け付けている金融機関

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>契約社員であっても住宅ローンの申し込みを受け付けている金融機関

住宅ローンは超長期の銀行ローンであるため、審査においては何よりも収入の安定性を重視しています。
この点から、契約社員はどうしても収入の安定性に疑問を持ってしまうため、契約社員であることで住宅ローンを受付時点でお断りする銀行が多いのは事実です。

このような中で【新生銀行住宅ローン】パワースマート住宅ローンでは契約社員の方も対象である旨が告知されています。

「以下の条件を全て満たす個人の方

お申込時の年齢が、20歳以上65歳以下で、かつローン完済時の年齢が80歳未満であること。
連続した就業2年以上、かつ前年度の税込み年収が300万円以上の正社員または契約社員であること。
自営業の方は、2年平均300万円以上の所得(経費控除後の金額)を有すること。
お申込人が永住許可のない外国籍の場合は、日本国籍を有している配偶者または永住許可のある外国籍の配偶者が連帯保証人になっていただくこと。」新生銀行のHPから

詳しくは⇒【新生銀行住宅ローン】パワースマート住宅ローン

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス

特殊な能力をもっている契約社員ですが住宅ローンは難しいですか?

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>特殊な能力をもっている契約社員ですが住宅ローンは難しいですか?

質問
銀行で住宅ローンの仮申し込みをしてきました。
問題がひとつあり、夫はいわゆる契約社員です。
ただ特殊な能力を必要とするものなので年収は一般のサラリーマンより多いと思います。
契約社員だと住宅ローンは難しいと聞きます。
やはり難しいでしょうか?

回答
住宅ローンが契約社員は一般的に難しいと言われているのは収入の安定性の問題です。
ご存知のように住宅ローンは超長期の銀行ローンです。
したがって長期にわたって返済が可能なためには何よりも収入が安定していることが重要なのです。

この点において、いわゆる契約社員は収入の安定性にどうしても疑問符がついてしまうため、住宅ローンが難しいと言われています。

ただご主人の場合は少し異なると思います。
「特殊な能力を必要とする」とありますが、ここのところを収入の安定性と結びつけて説明してみてください。
銀行は契約社員だからだめというような一律的な対応はしていないはずです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス

アルバイトで住宅ローンは組めますか?

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>アルバイトで住宅ローンは組めますか?

質問
住宅ローンについて、無知識な者です。
近いうちに自宅を購入したいと思っています。
現在はアルバイトのみをしていて、月収は約30万くらいです。
住宅ローンで分割で返済していきたいと考えています。
現在の収入から月々の返済は大丈夫だと考えています。

回答
アルバイトによる収入だけで住宅ローンは無理です。
住宅ローンはご存知のとおり、一般的に借入期間が数十年間に及ぶ超長期の銀行融資です。
住宅ローンの審査の項目に収入の安定性というものがありますが、これは住宅ローンが超長期の融資のため、将来にわたり収入の安定性が必要だからです。

アルバイトだからといって将来の収入の安定が絶対ないとは言い切れないと思いますが、一般的・客観的に見てアルバイトの収入は将来にわたって安定しているとは言えません。
正社員あるいは一定期間以上の勤務実績がある契約社員等が住宅ローンの利用には求められているのが現状です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス

契約社員の場合はいつから住宅ローンが利用出来ますか?

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>契約社員の場合はいつから住宅ローンが利用出来ますか?

契約社員の人はいつから、つまり勤続年数がどれくらいになってから住宅ローンが組めるのでしょうか?
これは銀行の住宅ローン審査の考え方と関係があります。

銀行の住宅ローン審査はいろいろな項目がありますが、もっとも重要視しているのが収入の安定性です。
住宅ローンはご存知の通り、非常に長期間の融資です。
お金を貸す側の銀行から見れば、長期間にわたって返済をしていただかないといけない融資商品ですから、何よりも将来にわたって安定的な収入が見込めるかどうかが非常に大切なのです。

その点、契約社員は文字通り雇用契約の期間が定められている仕事ですから、雇用期間が終了すれば最悪「職を失う=収入を失う」ことになります。
つまり収入の安定性が弱いのです。
ここが住宅ローン審査において問題視されるところなのです。

もっとも契約社員といっても雇用契約の更新が繰り返されれば、雇用形態は「契約社員」であっても、その後も契約更新が行われて長期にわたり雇用される可能性が高くなります。
そうなれば収入の安定性が認められることになります。

銀行の住宅ローン審査の実務においては、3年程度の雇用の実績があれば収入の安定性を認め、住宅ローンを利用いただくことで審査を進めています。

それでは契約社員になったばかりの人や雇用期間が3年未満の人は住宅ローンが一切無理なのかといえば、必ずしもそうではないのです。
実際の実例においても契約社員なりたての人に住宅ローンを利用いただいたケースは決して少なくありません。

実例においては一定の契約社員としての実績をつめば、その後は正社員として採用される場合や、その人の今までのスキル状況から、契約が更新され長期間にわたって雇用される可能性が高いと客観的に判断出来る場合に、住宅ローンを利用いただいているケースが多いと思います。

契約社員になった人で住宅ローンの利用を検討されている場合は、申込みを行う銀行にご自身のスキルを十分に説明し、今後も長期にわたって働くことが出来ることをアピールしてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス

契約社員だから住宅ローンの金利が高い?

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>契約社員だから住宅ローンの金利が高い?

正社員ではなく契約社員とか派遣社員であると住宅ローンの金利が高いなどという情報がありますが、そんなことは決してありません。

住宅ローンの金利には各種の金利優遇制度が銀行ごとに設けられていますが、正社員と契約社員の場合で適用される優遇制度が異なるということはありません。
ましてや契約社員は正社員よりも金利が高く設定されるということもありません。

住宅ローンの金利優遇制度は雇用形態による差異は一切ありません。
住宅ローンの金利優遇制度としては、給与振込の有無や公共料金引落の有無、頭金の多い・少ないなどであって雇用形態による違いはまったくありません。

もっとも正社員と契約社員では住宅ローンの審査そのものに影響する場合があります。
住宅ローンの審査項目の1つに収入の安定性があります。
この審査項目においてはどうしても契約社員は正社員に比べて収入の安定性が劣ります。

ただ一口に契約社員と言っても勤続年数は相当の年数にのぼる方も多くいらっしゃいます。
このような場合は住宅ローンの審査において収入の不安定性はそれほど気にする必要はありません。

最近では契約社員や派遣社員向けに弾力的に審査する住宅ローンも増えています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス

派遣社員は住宅ローンは無理?

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>派遣社員は住宅ローンは無理?

ネットのQ&Aのコーナーを見ていて、「派遣社員では住宅ローンを組むのは無理でしょうか?」という質問に対して、「派遣社員では住宅ローンは無理です。正社員になって勤続3年以上になってから考えたほうがよい」という回答を目にしました。

銀行員である管理人が回答しますが、派遣社員だから住宅ローンが利用できないということはありません。
現に派遣社員の人でも住宅ローンを利用している人はたくさんいらっしゃいます。

ただ一般的に申し上げて派遣社員の人は住宅ローンの審査が正社員の人に比べて厳しくなるのは事実です。
これはなぜかというと、住宅ローンの審査の最大のポイントは収入の安定性です。
そして住宅ローンは超長期の融資です。
超長期にわたって返済をしてもらうには、やはり返済の元手となる収入が安定していることが求められます。

この点から、派遣社員の場合は一般的に正社員に比べてどうしても収入の安定性が低く見られます。
ですから正社員の場合に比べて派遣社員の場合は住宅ローンの審査が厳しくなってしまうのです。

ではどうしたらよいかというと、それは銀行の担当者に派遣社員ではあるものの、今までの派遣社員としての実績をきちんと説明して、今後も現在と変わらないことを説明してください。
これらによって銀行の担当者に「収入の安定が見込まれる」ことを理解させるのです。

派遣の雇用形態で働く人は今後も増えていくと思います。
正社員に比べて派遣社員は収入の安定性が低いという固定観念も薄れていくはずです。

銀行の内部でも派遣社員で働いている人が年々多くなっています。
今や銀行の窓口担当者のほとんどが派遣社員です。
また住宅ローンの担当者も派遣社員であることが多くなっていますよ。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス