信用保証協会代位弁済と自動車ローン

ホーム個人ローンの審査>信用保証協会代位弁済と自動車ローン

質問
今、連帯保証人として保証協会へ毎月滞りなく少しづつ返済している状況です。
この状態では金融機関への自動車ローンは無理ですよね?お教え下さい。個人の信用情報へ載っているのですね?宜しくお願い致します。

回答
保証協会へ返済されているということは、金融機関からの借入を保証協会が代位弁済したということでしょうか?
以下その前提で回答申し上げます。

代位弁済の事態になりますと連帯保証人の個人信用情報にその事実が登録されることになります。
このような状態になりますと、通常のローンやクレジットカードの新規発行は困難になるのが現実です。
なお自動車ローンについては自動車そのものがローンの担保となりますので、判断が異なる場合があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

申込みブラックとは

ホーム個人ローンの審査>申込みブラックとは

申込みブラックとは短期間のうちに連続して複数の申込みを行ったためにローン等の審査に通らないことを言います。
もちろん申込みブラックという用語が銀行等金融業界で使われているわけではありませんが、短期間のうちに連続して複数の申込みを行うと審査に通らないのは事実です。
ローン等の申込みを行うと、その都度個人信用情報に申し込みの事実が登録されます。
ローンの審査時には必ず個人信用情報に申し込み情報の登録とともに既存の情報の照会が行われますから、短期間のうちに複数の申込みをしていることが銀行等ではわかるわけです。

そして短期間に複数の申込みを行っている事実は「よほどお金に困っている」とか「借りれるだけ借りようとしている」「借りれるところから片っ端から借りようとしている」などとにかくネガティブなイメージを持つだけです。
これでは本来なら審査にとおる場合でも審査を否決としてしまいます。
どの程度連続して申し込みをするといわゆる申込みブラックとなるかは金融機関によって基準は異なりますが、3社程度から該当するものと考えてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

消費者金融で返済が遅れていると銀行のローンは無理ですか?

ホーム個人ローンの審査>消費者金融で返済が遅れていると銀行のローンは無理ですか?

無理です。
銀行のローンの審査はいろいろな項目から判断されますが、その前提にあるのは「この人はきちんと返せる人かどうか」という点です。
ところが消費者金融からの借入の返済が既に遅れているという状態では「きちんと返せる人」には該当しません。
まずは遅れている返済をきちんと行い、正常な取引に戻すことが先決です。
なお消費者金融への返済が2ヶ月から3ヶ月以上に及んでいると個人信用情報に延滞情報が登録されます。
この延滞情報は一度登録されると延滞が解消しても5年間は情報が削除されません。
延滞情報が登録されている間はたとえ返済の遅れがなくても、銀行のローン審査は通りません。
注意が必要です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

ローンの審査に通りやすい職業はありますか?

ホーム個人ローンの審査>ローンの審査に通りやすい職業はありますか?

ローンの審査は「この人は最後まできちんと返せる人かどうか」が最大のポイントです。
この「きちんと返せる人かどうか」をいろいろな角度から審査をするわけですが、この角度の1つに職業があります。
ローンの審査に限らずあなたがお金を人に貸す場合のことを考えてください。
毎月継続的に定額の収入がある人と、毎月継続的な収入がない、あるいは月によって収入の金額が異なる人を比べた場合、どの人が安心出来ますか?
もちろん最初の毎月継続的に定額の収入がある人ですよね。
ローンの審査も全く同じ考え方です。
これを職業に照らし合わせると、概ね次の順序で安心出来ることになります。

1.公務員
2.正社員
3.契約社員及び非正規雇用社員(派遣社員も含む)
4.自営業
5.パート、アルバイト
6.無職(年金暮らしも含む)
7.その他(主婦、学生など)

公務員がローンの審査ではもっとも安心出来る職業です。
間違いなく毎月継続的に安定的な収入がありますし、倒産によって収入を失うということもありません。
公務員の次は正社員、契約社員・・・と続きます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

個人ローンの審査上、もっとも重要視されることは?

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査上、もっとも重要視されることは?

ローンの審査では本人の収入や返済比率などいろいろなことが検討されますが、このうち一番審査に影響を与えるのはやはり個人信用情報です。
個人信用情報を調べることにより住宅ローンやカードローンなどのローン、クレジットカードの利用状況や支払状況がわかります。
特に支払状況は今までのローンやクレジットカードの支払いで延滞などをしていないかどうかがわかります。
返済日にきちんと支払をしている人は信用面が増加する一方で、たとえ1回でも支払いに遅れがあると信用面に大きなマイナスです。
「ちょっと1日くらい」の軽い気持ちでいると、将来のローン申し込みに大きなペナルティとして跳ね返ってきます。
今後住宅ローンや教育ローンなど大事なローンを予定している場合には、1日でも遅れることなくローンやクレジットカードの支払いをきちんと行っておきましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

個人ローンの審査項目:属性

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査項目:属性

個人ローンは金融機関にとってただ貸すだけではなくきちんと返済してもらわなければなりません。
この人はきちんと返済してくれる人かどうかをいろんな切り口から金融機関は判断しているわけですが、その判断材料の1つに属性があります。
属性とは個人のさまざまな情報です。
具体的には次に記載しているような項目です。
・年齢
・勤続年数
・職種や職業
・勤務先の規模
・年収
・居住年数
・住居の種類
・家族構成
・電話の有無や種類

これらの属性項目を1つ1つ点数化してその個人の総合的な属性の評価(スコアリング)を施して審査判断の1つに利用しています。
個人ローンの申込書にはさまざまな項目を記載(入力)する欄があると思いますが、実は属性情報なのです。
記入(入力)された属性情報を点数化してローン判断に利用しているのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

個人ローンの審査と住居の種類

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と住居の種類

住居の種類は個人ローンの審査の1つの要素となっています。
金融機関にとってローンはただ貸すだけではなくきちんと返済してもらわなければなりません。
そのために借主の安定度を審査判断では重要視しています。
その借主の安定度を推測する1つの要素として住居の種類があるのです。
借主名義の持家がある場合と賃貸とを比較した場合、一般的に考えて借主名義の持家がある方が安定度が高いと考えられます。
個人ローンの申込書には住居形態を記入(入力)する箇所がありますが、これは上記の理由によるものです。
個人ローンの審査において住居の種類による安定度は次のようになります。
安定度が高い順から【自分名義の持家→家族名義の持家→賃貸】

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

個人ローンの審査と居住年数

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と居住年数

ローン申込書には現在の住居の居住年数を記載する欄があります。
居住年数もローン審査の1つの項目です。
すでにおわかりとは思いますが、当然居住年数が長いほどローン審査には有利です。
安定感という点で居住年数が1年未満の人と5年以上の人を比べた場合、誰もが5年以上の人の方に安定感を感じることと思います。
住居を転々としている人にはどうしても安定感が感じられません。
ローンは貸すだけではなく当然返してもらわなければなりません。
「この人はきちんとローンを返す人かどうか」がローン審査の基本です。
安定感がある人の方がローンをきちんと返す人といった印象を受けることが出来ます。
このような理由からローン審査においては居住年数によって申し込みをした人の安定感、信頼感を推測する1つの材料としているのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

個人ローンの審査と年収

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査と年収

年収は高ければ高いほど良いことには違いありませんがただ高ければそれで全て良いということにはなりません。
例えば年収1,000万円の自営業と年収500万円の公務員を比較した場合、個人ローンの審査においては公務員の方が優良顧客と見なされます。
理由は収入の安定性です。
自営業はたとえ昨年の収入が1,000万円であったとしても、今年もその収入が保証されるとは限りません。
一方で公務員の場合、昨年の収入が500万円であったら、今年も同水準の収入が得られると考えられます。
ローンを貸し出す金融機関としては貸すだけではなく、その後にきちんと返済してもらえることこそが大切な視点です。
自営業のすべてにおいて収入が不安定とは言い切れませんが、自営業の収入がずっと安定するとは誰しも予測することが出来ません。
自営業の商売内容にも依りますが、本人の健康状態や天候、経済環境等で自営業の収入は大きく変動する傾向があります。
このような理由から個人ローンの審査においては年収は高ければ高いほどよいとは言い切れないのです。
収入の大小よりも職種や職業の方が重要視されるのが個人ローンの審査の世界です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

ローンの審査ですがクレジットカードのショッピングとか他のカードローンがあると通りにくいものですか?

ホーム個人ローンの審査>ローンの審査ですがクレジットカードのショッピングとか他のカードローンがあると通りにくいものですか?

質問
銀行のローンで100万借りようと思っています。
ローンの審査ですがクレジットカードのショッピングとか他のカードローンがあると通りにくいものですか?
貯金を崩して少しでもクレジットカードやカードローンの返済にあてた方が審査は通りやすいのでしょうか?

回答
クレジットカードのショッピング枠はローンの審査には影響しませんが、他のカードローンは審査に影響してきます。
返済比率(=収入に対するすべての借入の返済額の割合)や収入比率(=収入に対する無担保借入の割合)の審査基準に影響してきます。
そしてカードローンというのは極度枠、つまり限度枠の範囲内であれば繰り返し借入することが出来るという特徴を持っています。
したがって今回の銀行ローンの申込前に返済したとしても、さきほどの返済比率や収入比率においては現在借入している残高ではなく極度枠にて算出されますから、事前の返済自体は審査にプラスに働くことはありません。

また返済比率や収入比率がクリアであるとしても、今までのクレジットカードやカードローンの支払い状況が大きくローン審査には影響してきます。
ローンの審査においては必ず個人信用情報の調査が行われます。
個人信用情報の調査により過去のクレジットカードやカードローンの返済状況、つまり支払日にきちんと返済されているか、延滞の履歴はないかどうかが判明します。
この調査において延滞の履歴があるとローン審査は非常に厳しいものとなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。