返済額の減額をしたらブラックになる?

ホーム返済条件変更(リスケ)>返済額の減額をしたらブラックになる?

銀行融資を受けたものの、その後の業績が思うように行かず返済額の減額をしたら俗に言うブラックになるのかどうか・・・。
時々取引先から質問を受ける事柄です。
ブラックという言葉が適切かどうかは別にして、返済額の減額をした場合、銀行からは「危ない会社」とのレッテルを貼られることは事実です。
返済額の減額をしたら当面の間、新規の融資を受けることは出来なくなります。
したがって俗に言うブラックになるというのは正しいと言えるでしょう。
そのため返済額の減額後は資金繰りを手元資金にて回して行かなければなりませんから、十分な資金見通しを立てた上で、決断をすることが大切です。

ただ永遠にブラックということではありません。
返済額を元の状態に戻して、再び新規の融資を受けている会社は存在します。
ものすごい珍しいケースとまでは言えません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

銀行が1年間返済を猶予してくれるなどあるのでしょうか?

ホーム返済条件変更(リスケ)>銀行が1年間返済を猶予してくれるなどあるのでしょうか?

質問
会社経営をしている友人が売上が苦しいために、銀行の融資担当とは話し合いを行い、銀行が1年間返済を猶予してくれ、毎月の返済はよいとのことです。
本当にそのようなことはあるのでしょうか?

回答
リスケですね。
業績が厳しく資金繰りが悪化しているため、銀行が返済の猶予を行うことはあります。
半年間とか1年間、毎月の元金返済をゼロにしたり、今までよりも返済額を少なくして融資先の資金繰りを支援することは返済猶予、いわゆるリスケとして銀行は対応をしています。
ただしリスケのデメリットは十分に把握しておくことが大切です。
金利が上がるなどのデメリットがありますが、もっとも厳しいデメリットとしてはリスケをしている間、およびその後元の返済額に戻ったとしても一定期間は原則として追加の融資は受けることが出来ません。
したがってその間は自己資金のみで事業を継続する必要があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

条件変更後の新規借り入れ

ホーム返済条件変更(リスケ)>条件変更後の新規借り入れ

質問
以前、飲食店経営しておりました。
その時の残債が、150万ほどあります。
新たに借入は難しいでしょうか。
現在は、飲食店経営しております。
借り入れはありません。
3期決算しております。
6か月決めた金額を返済する事で、正常に戻ると言われました。

回答
条件変更をされている状態から正常化するには、金融機関によってその基準の考え方は異なると思いますが、管理者が勤務しております銀行の考え方をご案内します。
1つは条件変更前の返済額に戻すということです。
そしてその後の返済を1年間、遅滞なく継続いただくことが前提となります。

また2つめとしては、新たな返済金額が残債を5年以内に完済出来る水準かどうかという点です。

この2つの条件が整えば、正常化を検討する前提条件としています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

証書貸付の返済金額の減額について

ホーム返済条件変更(リスケ)>証書貸付の返済金額の減額について

質問
数年前に地方銀行より証書貸付にて、100万円の融資(証書貸付)を受け、現在月に二万円弱を返済中です。
現在まで返済が滞った事はありませんが、事情により返済金額の減額を依頼出来ればと思っております。
証書貸付の返済金額の減額は、可能でしょうか。

回答
証書貸付の返済金額の減額は可能です。
現在の資金状況と今後の見込みについて、利用されている地方銀行に相談してください。
なお今回の返済金額の減額を行うと、例えば返済金額が元に戻るまで原則として新たな融資を受けることは出来なくなります。
この点を踏まえてご相談をしてみてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

翌月資金ショートを起こしリスケの相談

ホーム返済条件変更(リスケ)>翌月資金ショートを起こしリスケの相談

質問
先月保証協会枠で融資していただきました。
その時点で希望を下回る金額であったため、翌月資金ショートを起こしリスケの相談に伺いました。
しかし、最低半年は支払いをしないとの回答でした。
そして、メインバンクへ相談して見て下さいとも言われました。
この場合はリスケは無理なのでしょうか?

回答
本件について銀行の見方を率直に箇条書きにてお知らせします。
・融資直後の返済不能でありこれは業務事故に該当
・業務事故の場合、担当者や関係者が厳しく罰せられてしまう
・翌月に資金ショートを起こすことを承知の上、あえて借入をしたのではないか
・騙された
など銀行の対応は厳しいものとなります。

もちろん銀行が見抜けなかったという落ち度がありますが、借りた以上はきちんと最後まで返済する義務が債務者にはあります。
融資直後にリスケ対応は基本的に応じません。
銀行は信用保証協会と代位弁済の交渉を行うことになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

リスケ時の連帯保証人の信用情報について

ホーム返済条件変更(リスケ)>リスケ時の連帯保証人の信用情報について

質問
主人が個人事業者で妻の私が専従者です。
去年くらいから売り上げが落ち銀行から運転資金で借入している分の返済が困難になり半年間元金据え置きの手続きをしました。
その後私も主人には内緒で生活費で使ったローン等の借入返済が困難になり任意整理をしました。
しかし、そのあと銀行から日本政策金融公庫の返済と住宅ローンのあるJAにも元金据え置きもしくは減額の相談に行くよう言われました。
私は両方の借入の連帯保証人になっています。
リスケした場合連帯保証人の信用情報は調べられるでしょうか?
もし調べた場合私が任意整理したことはわかってしまうのでしょうか?
そして、わかってしまうと連帯保証人から外されてしまいますか?
その場合、新たに連帯保証人を求められるのでしょうか?
新たな連帯保証人がいない場合はどうすればいいのでしょうか?
主人が一括請求とかされてしまうのでしょうか?

回答
リスケ時に連帯保証人の個人信用情報を調査するようなことはありません。
リスケの条件変更契約時には債務者とともに連帯保証人にも条件変更の同意の意味で、署名捺印が必要です。
しかしその手続きの一環で連帯保証人の個人信用情報を調査することはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

保証協会付き融資の条件変更交渉先

ホーム返済条件変更(リスケ)>保証協会付き融資の条件変更交渉先

質問
会社経営者です。
この度資金ショートを起こしました。
事業は継続するつもりです。
現在、銀行から借入があります。
銀行に2~3年間利子のみの支払で、その後通常どおり支払うとの交渉を交渉しようと考えています。
銀行からの借入は信用保証協会付きです。
この場合、銀行に交渉したほうが宜しいでしょうか。
それとも保証協会に交渉したほうが宜しいでしょうか。

質問
交渉先は銀行になります。
信用保証協会の保証が付いたものであっても、融資をしているのはあくまでも銀行です。
そのため融資の返済条件の変更を交渉する相手は銀行になります。
銀行との交渉を経て、銀行経由で信用保証協会に条件変更の申込みを行う手順になります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

返済条件変更の交渉を弁護士にお願いしたいと思っています

ホーム返済条件変更(リスケ)>返済条件変更の交渉を弁護士にお願いしたいと思っています

質問
当方会社経営者です。
この度為資金ショートを起こしました。
銀行に2~3年間利子のみの支払をし、その後今まで通りに支払うことをお願いしたいと思っています。
そこで銀行との交渉を弁護士に依頼しようと思いましたが費用が結構かかるとのこと。
このため自分で銀行と交渉しようと考えていますが大丈夫でしょうか?

回答
債務整理の交渉ならまだしも、返済条件の変更に弁護士が出ることはほとんど例がないと思います。
実際、私の銀行実務においても返済条件の変更交渉に弁護士が同席された経験はありません。
会社経営者自らが銀行との返済条件変更の交渉をされています。
わざわざ弁護士に依頼されるようなことでもありません。
逆に銀行としては弁護士が交渉に出てくるということは、その会社経営者の経営能力を疑います。
逆効果だと考えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

利息以下の返済金額でも可能なのでしょうか

ホーム返済条件変更(リスケ)>利息以下の返済金額でも可能なのでしょうか

質問
自営業で保証協会付きの8千万ほどの借り入れがあります。
不景気で毎月の40万ほどの返済が難しくなってしまい、返済額の変更をしてもらおうと思うのですが、利息額も払えない状態です。
利息以下の返済金額でも可能なのでしょうか。

回答
元金の返済額を減額する、あるいはゼロにすることの検討は可能です。
ただし利息を最低限支払うことが返済条件変更の条件となります。
利息すら払えないとなると返済条件変更の検討すら出来ません。
何とか、利息だけでも支払うことは出来ないでしょうか?
それであれば返済条件の見直しについて金融機関及び信用保証協会とも検討を前に進めると考えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

条件変更した融資の完済は出来ないのですか?

ホーム返済条件変更(リスケ)>条件変更した融資の完済は出来ないのですか?

質問
法人で信用保証協会保証付の融資を条件変更して借りています。
この度、全額返済をしたいと思い銀行と相談しましたが、条件変更していてかつ返済資金が個人資金であるという理由から完済を断れてしまいました。
条件変更をしていて返済資金が個人資金であるため完済は出来ないという理由は正当なものなのでしょうか?

回答
完済は出来ます。
その銀行さんの理由は私(管理者)にはわかりません。
信用保証協会の保証付融資であるとはいえ、条件変更している融資は銀行にとって芳しくない債権です。
出来るだけ融資額を減らしたいというのが銀行の基本的な考え方です。
返済のための資金がまったくの第三者であれば少し考えるところですが、経営者個人の資金でもって返済することに問題はありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。