銀行とのつきあい方

銀行からの質問には正直に答えるべきか

融資を銀行に申し込むといろいろな質問が受けることになります。 事業内容のことや今までの経歴、今後の事業の計画、そして決算内容です。 事業内容の説明はそのまま答えてもよいと考えられると思いますが、悩むの ...

無担保与信のピーク越え

過去にどこまで無担保与信を行なっていたか 融資判断を行うに当たっては取引先の財務状況は判断材料としてもちろんのことですが、 過去の取引先との取引経過も判断材料の1つとなります。 特に融資額を増やそうと ...

決算書の疑問点に答えないのは逆効果です

銀行員にとって決算書は融資提案の材料 銀行員は取引先からいただいた決算書は融資提案といった営業推進に利用できる有力な材料と捉えています。 売上が伸びていれば増加運転資金の提案が検討できますし、他の金融 ...

取引振がないと融資に応じない

銀行における取引振の重要性 銀行が行う融資業務はもちろん取引先の資金面の支援を行い、取引先の事業発展や維持に貢献するという大きな意義があります。 銀行に期待されている社会的な使命とも言えるかもしれませ ...

約束を守らない社長とは付き合いたくない

約束を守ってくれない 銀行の融資判断は融資先の返済能力など信用面の良し悪しが大きな判断要素となりますが、その根底にあるのは融資先との信頼関係です。 お金を必要としている取引先に融資により資金を提供する ...

融資決裁ラインとの面識を持つと有利

日頃は担当者と話をしているが・・・ 銀行は融資先には原則として担当者を付けています。 したがって日頃はこの担当者と話をすることが多いでしょう。 担当者より融資などの提案を受けたり、逆に融資の相談をした ...

金利が低いと銀行融資が受けられないリスクがあります

ホーム>銀行とのつきあい方>金利が低いと銀行融資が受けられないリスクがあります 最初に銀行が融資によってどれだけ儲かるかの話をします。 例として1、000万円を1.5%の金利で1年間融資した場合にどれ ...

繰上返済をすると銀行の評価が下がりますか?

ホーム>銀行とのつきあい方>繰上返済をすると銀行の評価が下がりますか? 銀行からの融資を繰上て返済すると、今後の銀行とのつきあい上マイナスに働くかどうかの質問です。 結論から言ってマイナスの評価にはな ...

銀行に中長期的な見方は乏しい

ホーム>銀行とのつきあい方>銀行に中長期的な見方は乏しい 取引先の将来を展望して融資を実行し必要な資金を供給する。 取引先のその資金を有効に利用して業績の発展を来たす。 たぶんこれが求められる理想的な ...

銀行が喜ぶのは短期融資より長期融資

ホーム>銀行とのつきあい方>銀行が喜ぶのは短期融資より長期融資 今月は資金が不足するが3ヶ月後には売上の入金が入ってきて、資金は足りる・・・ このような時、その3ヶ月後までの資金繰りのために銀行からは ...

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.