銀行に中長期的な見方は乏しい

ホーム銀行とのつきあい方>銀行に中長期的な見方は乏しい

取引先の将来を展望して融資を実行し必要な資金を供給する。
取引先のその資金を有効に利用して業績の発展を来たす。
たぶんこれが求められる理想的な形だと思います。
しかし残念がなら銀行では取引先の将来の成長を展望した融資検討はほぼ行なっていないのが現実です。
なぜなら。
それは取引先の将来性が保証されないからです。
1年後、2年後といった期間であれば、今までの実績から取引先の業績を予想することができるでしょう。
しかしこれが5年後、10年後となると取引先の業績を確度高く予想することは難しくなります。
銀行融資は融資先の返済能力が見通せることが前提です。
返済能力が見通せない場合、銀行は踏み込んだ融資判断を回避するのです。
もちろん担保などで返済可能性、銀行から見れば回収可能性があれば話は別ですが。
ですから現実的には中期の融資を継続して受けて将来に備えた資金を確保していくというのが現実的な銀行とのつきあい方だと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

銀行が喜ぶのは短期融資より長期融資

ホーム銀行とのつきあい方>銀行が喜ぶのは短期融資より長期融資

今月は資金が不足するが3ヶ月後には売上の入金が入ってきて、資金は足りる・・・
このような時、その3ヶ月後までの資金繰りのために銀行からは短期での融資を受けたいと考えると思います。
当然、短期間の銀行融資を受けるのであれば借入の支払利息も少額で済みます。
銀行も短期の融資であればすぐに回収出来ると考えて喜んで対応するのではないか。
こうした考え方は自然なものだと思います。
しかし実は銀行は短期の融資を喜ぶどころか本音はやりたくないのです。
なぜなら手間ばかりがかかって何の儲けにもならないからです。
短期ばかりの融資であれば銀行は手間というコストばかりがかかってほとんど儲けにはなりません。
そのため実は銀行は短期融資を原則的として敬遠します。

したがって銀行との長期的で安定した取引関係を築く上では短期ばかりの融資ではなく、長期の融資の利用も検討するのが銀行とのつきあい方というものです。
銀行としても長期の融資を実行している先から、「今回は短期の融資で」という申し出には気前よく検討を行うものです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

取引銀行の見極め方

ホーム銀行とのつきあい方>取引銀行の見極め方

複数の銀行と取引がある場合、どの銀行を大切にすべきでしょうか。
いろいろと物差しがあると思います。
融資の金利を安くしてくれるところ、集金をしてくれるところ、すぐに融資をしてくれるところ・・・

会社が銀行と取引をする1番の理由は資金が必要な時に融資を受けるということでしょう。
これはたしかにもっとも大切な事柄です。
どれだけ業績が好調であっても資金繰りがわずかでも途切れてしまえば、その時点でその会社は終わります。
よって資金が必要な時にきちんと相談に乗ってくれて融資対応をしてくれる取引銀行をまずは大切にすべきでしょう。
決して融資金利の高い低いではありません。
資金繰り支援をしてくれる取引銀行がもっとも大切です。
業績が好調な時に低金利で融資提案を熱心にしてくる銀行は実はさほど重要ではありません。
ただ単に融資のボリュームを稼ぎたいという思いが強いです。
融資先の資金繰りを支援しようという気持ちは残念ながらないに等しいです。

あとは融資以外の項目、とくに売上拡大や効率化などの施策について熱心に取引先の紹介をしてくれたり、効率化について一緒に検討してくれる銀行も大切にすべきでしょう。
こういう銀行は往々にしていざという時に親身に資金繰りの相談に乗ってくれて、可能な範囲で融資対応をしてくれるものです。

このように大切にすべき取引銀行には売上入金や振込取引などの集約させましょう。
このような取引は銀行はとても喜ぶのです。
そしてますます支援をしようという気持ちになるものです。
決して金利が高い低いではありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

もっと銀行に出向いた方が・・・

ホーム銀行とのつきあい方>もっと銀行に出向いた方が・・・

日頃から感じていることですが中小企業の社長はほとんど取引銀行に出向かない。
銀行から来るのが当たり前だと考えている節がある。
たしかに社長は銀行員以上に多忙だ。
だからそもそも銀行に足を運ぶ時間が乏しい。
また銀行に出向くより営業に時間を費やした方が会社にとってはプラスとの思いもあるだろう。
しかし一方で毎月とは言わないまでも、一定期間毎に足元の業績報告などに銀行に出向く社長もいる。
こういう会社の傾向として業績も無難であることが多いように感じる。

銀行に出向く中小企業の社長が少ないからこそ、逆に定期的に銀行に出向く社長は記憶に残る。
銀行の一支店では千社以上の中小企業との取引がある。
それぞれの銀行担当者はともかくとして、支店の幹部銀行員はほとんどの中小企業の社長の顔を知らない。
銀行の融資審査は書面審査が中心となる。
社長の顔を知らないと本当に決算書などの書面のみの判断となる。
業績が順調であればそれでいいだろう。
しかし業績が芳しくない時、社長の顔を知っているのと知らないのでは大きな違いが生じることがある。
社長の顔を知らなければ簡単に言えば「融資は出来ない」という判断になる。
一方で社長の顔を知っていると「業績は良くないけど、なんとかしてあげたい」という判断になることが決して少なくない。

資金繰りは会社の事業活動の生命線であるのだから、もっと積極的に銀行に足を運んでも良いと思う。
いざという時にこのことが大きな分岐点になる。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

取引振が充実すれば金利は下がります

ホーム銀行とのつきあい方>取引振が充実すれば金利は下がります

融資金利は貸倒に対するリスクの対価という一面の他に銀行の収益源の一面も併せ持っています。
銀行は取引先毎の採算管理を行っていますが、採算は金利のみならず預金や振込、外為などおよそその取引先との取引から生じるすべてを含んでいます。
ですから振込や預金取引などが充実している取引先は銀行の採算面も良好な場合が多いですから、多少金利を下げても採算は確保出来るのです。

逆に預金もほとんどないし振込は他の銀行でやっているとなると、取引先のとの採算は融資取引のみということになります。
金利のみしかその取引先から収益が上がらないとなると、やはり金利は採算は十分に確保される水準となりますから、そこそこの金利を銀行は求めてくることになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

プロパー融資とマル保融資のどちらを返済するか

ホーム銀行とのつきあい方>プロパー融資とマル保融資のどちらを返済するか

先日、担当先の会社からプロパー融資を全額繰上返済したいとの連絡を受けました。
この会社に対してはプロパー融資とマル保融資の両方とも取引がありますが、今回はプロパー融資の方を全額返済したいとのこと。
その理由をよくよく聞いてみると、プロパー融資の方が毎月の返済額が多いため、これを全額返済して毎月の返済負担を少なくしたいという目的があるようでした。
プロパー融資の方がマル保融資に比べて融資期間が短いこともあり、毎月の返済がマル保融資に比べて多くなっていました。

確かに返済額の多いプロパー融資を返済して毎月の返済負担を少なくするという選択も正しいと思います。
銀行側としてもプロパー融資とマル保融資のどちらの返済を受けるかと言われれば、営業的側面は横に置いて、与信管理的には回収リスクが相対的に高いプロパー融資の返済を受けるという判断になります。

ただし借りる側においては少し立ち止まって考えてみることも必要です。
それはプロパー融資は銀行自身がリスクを取って融資を実行しています。
つまり平たく言えば銀行自身の判断のみで融資の可否を判断しています。
したがって同じ会社宛であっても将来の会社の業績や銀行の融資姿勢の変化により、今後、少なくとも今までと同じようなプロパー融資が受けられるという保証はまったくありません。
もちろんマル保融資についても保証協会が会社の業績の変化に関わらず過去の保証実績の範囲内であれば必ず保証をするとは言えません。
ただし保証協会は中小企業が金融機関から融資を受けやすくするための公的機関ですから、民間の金融機関に比べれば弾力的な対応が期待出来ます。

ですから今後の資金調達の可能性も勘案してプロパー融資とマル保融資のどちらを返済するかの判断も大切です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

融資金利と採算の問題

ホーム銀行とのつきあい方>融資金利と採算の問題

融資の営業や相談を受けていると、とにかく金利に拘る社長がいらっしゃいます。
当然、融資を受ける側から見れば融資金利は低い方が良いに決まっています。
一方で、融資を実行する銀行は金利は高い方が良いに決まっています。
そもそも融資金利はどのように決まるのかと言えば、基本としては融資先の財務内容の良し悪しです。
融資金利は返済可能リスクに対する対価と考えることが出来ますから、財務内容が良い融資先ほど金利は低くなり、逆に財務内容が悪い融資先ほど金利は高くなります。
また担保の有無も融資金利に影響します。
担保があれば銀行としては融資の回収リスクはそれだけ低下するわけですから、金利は低くすることが出来ます。

さらに融資金利は銀行としては重要な収入源、つまり利益の源泉です。
銀行も所詮は株式会社ですから利益を追求します。
融資金利が低いほどその融資先の採算性は低くなりますから、どこまで低金利を許容するかは財務内容の良し悪しだけではなく、銀行から見た採算性も考慮することになります。
もっとも銀行の収益源は融資金利だけではありません。
預金や振込、外為など収益源は他にもあります。
したがって融資金利が低いとしても振込などの他の取引により利益が得られている融資先に対しては、総合的には採算が取れているということで融資金利を低くすることが出来ます。
逆に融資取引しかない取引先については収益源が融資金利だけということですから、金利を低くするといっても自ずと限界があるわけです。
したがって採算が取れない融資先に対してはこれ以上の低金利では融資を実行しないという判断も銀行にはあるのです。
あまりにも低い金利に拘りすぎたために銀行からスムーズな借入が出来なくなってしまった例もあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

融資シェアに応じた取引振

ホーム銀行とのつきあい方>融資シェアに応じた取引振

銀行というところは融資シェアに応じた取引振がきちんと確保されているかどうかを非常に気にするところがあります。
つまり融資シェアに応じた預金取引や振込取引などがきちんと自行に持ち込まれているかどうかを気にしているのです。
これはたかが取引振と簡単に片付けることは出来ません。
実は融資可否の判断にも影響をもたらしています。

例えば取引先から無担保での融資申し込みがあったとします。
その際、きちんと融資シェアに応じた預金取引が日頃から確保されていれば融資審査は前へ進みます。
しかし融資シェアに応じた預金取引が日頃から確保されていない場合、場合によっては預金取引が十分に行われている他の銀行に融資を申し込んではどうかと回答することがあります。
つまり自行では融資が出来ないので、他の銀行に融資の相談をしてくださいということです。

したがって複数の銀行と融資取引を行なっている場合には、各銀行からの借入シェアを確認して預金や振込などの取引を分散しておくことが銀行との日頃からの賢いつきあい方ということになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

返済日当日の入金は回避

ホーム銀行とのつきあい方>返済日当日の入金は回避

銀行融資の返済は返済当日に口座から引き落としになれば延滞とはなりません。
もっとも銀行融資の返済はシステム化されており、通常は返済日の0時以降朝にかけての夜間に口座引き落としがなされています。
そしてこの夜間に引き落としにならなかった融資明細は引き落とし不能明細として各融資担当者に通知がなされています。
融資担当者はこの明細が来ると当日にきちんと口座に入金になり引き落とし、つまり返済がなされているかどうかを確認することになります。
お昼まで待っても入金がない場合には、融資担当者は担当先に連絡を行い、残高不足で融資の返済が終わっていないことを伝えることになります。
これが毎月のように続くとなると、「この取引先は気をつけていないと延滞になる」などとして融資担当者にはマイナスのイメージを植え付けることになります。

返済日当日に入金をすれば延滞ではありませんが、ほとんどの取引先は前日までに残高は返済額以上になるように管理を行なっており、夜間に引き落としとなりますから不能明細に掲載されることがそもそもありません。

どうせ返済をしないといけないのですから、印象が悪くならないように前日までに残高の確認は行い、不足するようであれば入金をあらかじめてしておきましょう。
毎月のように当日の入金を待って返済がなされるようでは融資担当者が抱くイメージは悪化し、追加融資の可否にも影響してきます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

赤字の場合は売上を入金している銀行に行く

ホーム銀行とのつきあい方>赤字の場合は売上を入金している銀行に行く

前期の決算が赤字、あるいは今期が赤字決算見込みである場合、銀行の融資姿勢は厳しくなります。
銀行は晴れている時に傘を貸して雨の時は貸さないなどとよく言われますが、融資は返済してもらわなければならないという銀行の原則姿勢からするとやむを得ない面もあると思います。
これは中小企業や個人事業主がよく利用している信用保証協会においても基本は同じ姿勢です。

しかし決算が赤字でだからこそ資金繰りの補填あるいは安定のために融資の必要性が高まります。
そんな時にどこの取引銀行に相談に行くかですが、主力銀行に相談に行くのももちろん王道ですが、日頃から売上を入金している銀行に相談に行くのも有力な選択肢です。
売上を入金している銀行には自然に預金量も多くなると思います。
これがその銀行の安心感につながります。
逆に売上の入金などまったくなく預金口座の動きは返済のみといった銀行は融資相談をしてもまともに相手にしてくれません。
売上の入金を複数の取引銀行に分散している場合には、それぞれの銀行に融資相談をしてみましょう。
赤字の度合いやその要因にもよりますが、資金繰り上不可欠な資金量は融資に応じる銀行もあると思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。