銀行融資の交渉に関すること

新規受注のための資金を借りたいと言われた

新規受注には資金が必要 多くの会社では商売の受注をすると資金繰りがきつくなります。 例えば内装工事業のケースで考えてみましょう。 内装工事を行うには職人の確保や材料など工事を行うための準備をしなければ ...

売上減少時の融資相談には今後の見込み説明が不可欠

売上現象の時こそ銀行の融資が必要性が高まるが… 売上が減少すると入金が少なくなりますから資金繰りがタイトになりがちです。 こういう時こそ銀行からの融資の必要性が高まるはずです。 しかし一方で銀行側から ...

予定していた入金が入らなくなった

まずは取引銀行に伝える 予定していた入金が入らなくなったことにより資金繰りがショートしてしまう場合には何よりもまずは取引銀行にその事実を伝えましょう。 早ければ早いほど良いです。 このような予定してい ...

銀行の融資姿勢はこんなに違う

ホーム>銀行融資の交渉>銀行の融資姿勢はこんなに違う 銀行から提案による融資と銀行への申し込みによる融資のケースでは銀行の姿勢は大きく異なってきます。 銀行からの提案の場合には基本的に銀行が「融資した ...

急ぎで銀行融資を受けたい時の交渉方法

ホーム>銀行融資の交渉>急ぎで銀行融資を受けたい時の交渉方法 資金繰りについては今後の予定をしっかりと計算して資金が必要な時には前もって銀行に融資相談するのがベストです。 しかし急な支払いや予定してい ...

紐付き融資で融資枠拡大

ホーム>銀行融資の交渉>紐付き融資で融資枠拡大 先日あるWEBデザインを手掛ける会社宛てに運転資金の融資を実行しました。 売上が順調に伸びており、これにともない資金の立替負担が増加していることから資金 ...

資金調達が思うように行かない時

ホーム>銀行融資の交渉>資金調達が思うように行かない時 取引銀行に融資の相談をしても希望金額まで融資が受けられないこともあると思います。 そのような場合には取引銀行に借入シェアに応じた融資を依頼してみ ...

銀行が金利を低くする条件

ホーム>銀行融資の交渉>銀行が金利を低くする条件 融資の金利は銀行からするとお金の販売価格と考えることが出来ます。 従って銀行からすれば高ければ高いほど良いことになります。 ただし実際は他の銀行との競 ...

借り入れ額の減額交渉の可否について

ホーム>銀行融資の交渉>借り入れ額の減額交渉の可否について 質問 母の所有マンションについて、残債を残したまま先日、売却の契約を買主様と致しました。 ただし、残債の方が売却額より上回り、持ち出しが発生 ...

銀行融資のハネ資金

ホーム>銀行融資の交渉>銀行融資のハネ資金 [note]銀行員は取引先への融資においてよく「ハネ資金」という言葉を使います。 取引先に使う言葉ではありませんし、銀行融資の資金使途でもありません。 「ハ ...

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.