カードローンを事業資金に使うとバレるのか?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>カードローンを事業資金に使うとバレるのか?

個人向けのカードローンの資金使途については「使途自由、但し事業性は除く」という注意書きがよくあります。
個人向けのカードローンはあくまでも資金使途が消費性、例えば旅行資金とか生活費など個人の資金需要を目的に作られている銀行の融資商品ですから「事業性は除く」というのは自然なことです。
もっとも事業を行なっている個人の方が仕入資金などの事業性の用途にカードローンを使用した場合、それが銀行にバレてしまうかどうかですが、現実的にはバレることはありません。
なぜなら物理的に事業性に利用したのか、それともきちんと消費性に利用したのかを銀行は把握・確認することは不可能だからです。
カードローンの利用者は数え切れいない数にのぼります。
その一人一人がカードローンを事業性を利用していないかどうかを確認することなどとても出来ません。
またカードローンはATMから現金を引き出す形態をとることが多いと思いますが、その現金を何に使ったのかを確認することなど到底出来ません。

もっとも事業資金が必要なのであればそれはカードローンではなく面倒でも通常の銀行融資にて対応した方が個人の方にとっても健全です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ー定期預金を解約した

資金繰りの問題等で銀行に預けている定期預金を解約した。
別に担保に取られているわけではないが今後の融資に悪影響を及ぼすのでは?

銀行は担保に取っていない限り、預金の払い出しの申し出を受ければそれに応じなければなりません。
払い出しをしにきた企業(個人)宛に融資をしていても、定期預金を担保にとっていない限り解約には応じないといけません。
これはケースバイケースなのですが、担保には取っていないものの「この定期預金の預け入れがあるから」といった理由で融資を行なっていることもあります。
定期預金を見合いにして融資を実行しているケースです。
こういった状態においてその拠り所となる定期預金が解約されたとなると、その融資の全額返済を求めることはできないにしても、少なくとも次回も同じような融資が可能になるかどうかは非常に微妙となります。
「解約する前に一言、言ってくれてもいいのに」とか「相談してくれれば別の方法も考えられたのに」「資金繰りが危ないのかな」と総じて残念に思います。

資金繰り等の問題で定期預金を解約せざるを得ない。
ではどうすれば良かったのか?
融資を受けていない銀行の定期預金は勝手に解約しても何の悪影響もありませんが、融資取引がある銀行に預けてある定期預金を解約する際には事前に連絡することがベターです。
事前に相談を受ければ銀行は定期預金の解約ではなく、追加の融資の検討だって十分にあるのです。
無言の解約は回避しましょう。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>これって銀行はどう思う?ーわざと赤字にした

税金を払いたくない、あるいは納税額を少なくしたいとの理由で利益を圧縮することは現実にはよくあることだと思います。
実際に多くの企業がこのような対応をしていると思います。
中には税金を払いたくないから、本当は黒字だけど赤字にしたと言われる会社の社長もいらっしゃいます。
ところでこの「税金を払いたくないから赤字にしたのであって、本当はちゃんと黒字ですから」という説明を銀行はどのように受け止めていると思いますか?
説明のように税金対策で赤字決算にしただけであって、本当は黒字だから融資の返済は大丈夫だし、追加の融資も検討出来ると銀行は考えるのでしょうか?

答えは「赤字だから注意をした方が良い」と銀行は考えます。
なぜなら本当に税金対策でわざと赤字にしたのか、それともそもそも赤字だったのか、銀行には本当のところはわかりません。
あくまでも決算書の数字が正しいものとして銀行は融資判断をします。
税金対策が原因で赤字にしたとかは関係ありません。
時々決算の前に電話などで税金を払いたくないから赤字にしますと言われる社長がいらっしゃいますが、銀行は「そうですか」とせいぜい言うだけで、そのことを了解することはありません。

税金を払いたくないから利益を少なくする、赤字にするということは自由ですが、今後とも銀行から融資を受けることを予定しているのであれば、過度な税金対策は将来禍根を残す可能性があることを注意してください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


別の銀行で追加融資を受けても大丈夫か?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>別の銀行で追加融資を受けても大丈夫か?

これは信用保証協会の保証を使って運転資金融資をA銀行から受けている状態で、追加の運転資金を別の銀行で受けてもA銀行からの心象が悪くならないかどうかという質問です。
融資を利用している会社の規模にもよりますが、1つの銀行だけで融資を受けていることは少数でむしろ複数の銀行と融資取引があることが大多数です。
複数の銀行と融資取引を行っていることで金利面の競争が取引銀行間で行われ借り入れの条件面が有利になることがあります。
これが1つの取引銀行であると金利はややもするとその取引銀行の言いなりになってしまうことがあります。
また将来、その銀行の融資姿勢が厳しくなった場合、複数の取引銀行の融資取引を持ってれば別の銀行に融資相談をスピーディーに行うことが可能となります。
これが1つの銀行だけと融資取引をしていると、新たな銀行の取引を開始するには相応の時間を要してしまい、タイムリーな資金調達に支障が生じることもありえます。

このように別の銀行から融資を受けてももともとの銀行の心象がわるくなることを心配する必要はありません。
資金繰りの安定のためにも複数の銀行の融資パイプを持っておくことはむしろ良いことです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


銀行融資を受ける際に車は見られていますか?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行融資を受ける際に車は見られていますか?

これは個人事業を行なっている方が銀行に事業資金の融資を受ける際に乗っている車で判断が変わるかどうかという質問です。
高級外車に乗っていた方が資金的に大丈夫そうに見られるとか、軽自動車に乗っていた方が誠実そうに見られるのではないかいった内容です。

銀行融資の審査において申し込みをした人がどんな車に乗っているかは判断にはまったく影響しませんし関係ありません。
高級外車に乗っているから資金的に大丈夫そうだとも思いませんし、軽自動車に乗っているから誠実そうだとかお金がないのではないかといったことを考えることはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


私の返済遅れが父の借入に影響しますか?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>私の返済遅れが父の借入に影響しますか?

これは親子で別々の事業を個人事業で行なっており、親子ともそれぞれ別に銀行融資を受けている状況です。
子の事業状態が思わしくなく資金繰りが悪化し、銀行融資の返済が滞っています。
このような状況で子の延滞が父の今後の新規借入に影響を与えてしまうかどうかというものです。

結論ですがまず影響はありません。
仮に親子が借入している銀行が別々の銀行であればまったく影響はありません。
そして親子が同じ銀行から融資を受けている場合、まず銀行は子の返済が延滞状態にあることは気づく可能性があります。
ただ気づいたとしても親子の事業がまったく独立しており、一方の事業の悪化が他方の事業に影響を与えるものではなければ父の新規借入に最終的に影響が出る可能性はないと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


なぜうちは金利が高いのか?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>なぜうちは金利が高いのか?

先日、ある法人と融資の契約を締結した時の話です。
その法人は前期および前々期と赤字決算が続いています。
当行は主力行としてその法人を支えるべく、先般相談のあった融資について資金繰りを維持し事業が継続できる観点から融資に応じました。
その融資審査の過程でその法人に今回の融資の利率を提示したところ、「なぜうちはいつも金利が高めなのか?友達の会社はもっと金利が低いのに」と不平不満を言われました。

私は心の片隅で「本来は融資に応じることが難しいところ、何とか審査を通そうとしているのに。金利うんぬんの話ではないよ」と正直思いました。
その友人の会社の業績が良いのか悪いのか私にはわかりません。
ただ金利というのは銀行からするとリスクに対する対価です。
業績が良いところは貸倒リスクが低いと考えられます。
逆に今回の法人のように赤字決算が続いているところは貸倒リスクが高いと考えられます。
リスクが低いところは金利は低く、リスクが高いところは金利が高くなります。
またそもそも論ですがリスクが高いと金利うんぬんではなく、融資が出来ないということもあります。

今回の法人のように業績が悪いところは融資が出来ないという結論もあるのですが、主力先であるなどのことから融資に応じる場合には、その前提として信用状態に応じた金利をきちんと適用することが審査の前提条件になることが少なくありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


10年前に自己破産、免責を受けています


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>10年前に自己破産、免責を受けています

質問
10年前に自己破産、免責を受けています。
近々、農業で新規就農の青年等就農資金の貸し付けの融資を考えています。
自己破産をした時に他県ですが銀行の保証協会も入っていました。
今後、農協等に審査を申し込む時にやはり審査に影響はあるのでしょうか?
最近、私名義ですが楽天カードの審査は通りカードは送られてきたのですが…。
ご回答の方、宜しくお願い致します。

回答
自己破産・免責が10年前ということであれば、貴殿の個人信用情報から事故情報は削除されていると考えられます。
おそらくで恐縮ですが、農業関係の借入においては信用保証協会の保証制度は利用しないものと思います。
そうしますと、自己破産時の信用保証協会の代位弁済の事実も関係ありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


自己破産後の日本政策金融公庫の利用について


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>自己破産後の日本政策金融公庫の利用について

質問
国民金融公庫は自己破産から10年たつと融資の対象になるんでしょうか??
国民金融公庫と信用保証協会は関係がないのでしょうか??

回答
自己破産に関する個人信用情報は10年間登録されていることになっています。
そして10年が経過すれば自動的に情報は削除されます。
日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)を利用する際には個人信用情報の調査が行われますが、自己破産から10年が経過していれば情報が削除されていますから、自己破産が直接の原因で審査が不可となることはありません。
また日本政策金融公庫と信用保証協会は全くの別組織で何ら関係はありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


自己破産後の銀行融資について


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>自己破産後の銀行融資について

質問
約6年前に自己破産して免責もおりました。
銀行の信用保証協会の融資制度を利用してたと思うんですけど、あと何年かしたらお店をしたいと思うんで、その際借入などは難しいでしょうか?
国民金融公庫や信用金庫などの融資も難しいでしょうか?
宜しくお願いします。

回答
自己破産された時に銀行の信用保証協会の融資を利用されていたのでしょうか?
そうだとしますと、その銀行融資は信用保証協会に代位弁済され、融資という債権は信用保証協会に移転しています。
そして免責となっていますので、貴殿の返済義務は消滅していますが、信用保証協会ではその記録が残っています。
自己破産すると10年間は個人信用情報にその事故情報が記録されています。
逆に言いますと10年が経過すれば自己破産情報は削除されます。
しかし信用保証協会では過去の免責となって信用保証協会が貴殿に対して持っていた債権(求償権)があったということはほぼ永久に記録として保管されています。
このような事実があると実務上では信用保証協会を再び利用して銀行融資を受けることは困難です。

日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)の利用時には貴殿の個人信用情報が調査されますから、自己破産情報が登録されている少なくとも10年間は利用が事実上困難です。
信用金庫の場合には上記に加えて、はじめての利用となると信用保証協会の利用が前提になると考えられますので、やはり難しいというのが現実です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト