「銀行融資審査マンの心理」カテゴリーアーカイブ

キャッシュフローの重要性

ホーム銀行融資審査マンの心理>キャッシュフローの重要性

ある会社の実例です。
この会社はここ5年ほど毎年売上が増加し、これに比例して利益も順調に積み上がっています。
積極的に融資を増やしたい候補の取引先だと言えます。
取引している他の金融機関も積極的に融資を伸ばしています。
ぜひうちの銀行も融資シェアを伸ばしたい先だと融資担当者は思うでしょう。
しかし融資の審査担当は素直にうんと言いませんでした。
なぜだと思いますか?
それは売上増、利益増にもかかわらず毎期大幅にキャッシュフローがマイナスになっているからでした。
キャッシュフローがプラスであって初めて借入の返済が可能となります。
ところがこの会社は毎年キャッシュフローがマイナス。
ということは借入の返済が難しいということです。
原因は売上増に伴う資金負担(増加運転資金)が大きいため、損益上の利益はプラスであっても資金繰りが毎年タイトになっていることにありました。
運良く銀行が融資提案を積極的にしているため、資金繰りは維持されていますが、銀行融資の限界が来ればその時点で当社の資金繰りはいきなり大きな危険に遭遇するリスクをはらんでいます。。





融資可否を判断する際には決算書の表面の数字に左右されずに、キャッシュフローの状況を必ず融資審査担当は確認をしています。
現金こそ取引先の実態を忠実に表している最重要のシグナルです。
現金は嘘をつかないという視点です。
銀行の融資担当は決算書の表面的な数字だけで安易に判断をすることはありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

ちゃんと返すから大丈夫だよ

ホーム銀行融資審査マンの心理>ちゃんと返すから大丈夫だよ

ある中小の広告会社との融資取引に関する話です。
売上規模は年商で約5億円ほど。
5年ほど前から売上は徐々に減少しており、利益率も低下。
このため直近の決算では赤字にはなっていないものの、赤字すれすれの状態です。
このような会社から運転資金の融資相談がありました。
当行はすでに無担保扱いで相応の融資を行っており、信用保証協会の保証枠も目一杯利用している状態です。
そのため今回の融資相談に対しては上記2点をお伝えして、担保がないと基本的に融資は難しいことをお伝えしました。





これに対してこの会社の社長からは「ちゃんと返すから大丈夫だよ。貸してよ」の繰り返し。
銀行からすれば「ちゃんと返すから」というのは当たり前のことで、社長がちゃんと返すからと言っているからということで追加融資の稟議がOKになるようなことは当然ありえません。
返済能力に懸念があれば万が一の時でも融資が回収出来る見通しが持てないと銀行は融資に踏み切れないのです。

では担保がない場合、銀行にはどのように対応したら良いのか。
ケースバイケースで一概には言えませんが、最低限、足元の受注状況などを示して今後の業績見通しについて正確に伝えることが求められます。
今後の業績に明るい見通しが持てるのであれば銀行としても無担保扱いにて追加の融資を検討する可能性が出てきます。
足元の受注状況もわからない、今後の見通しが不透明ということであれば銀行はとても融資に踏み切ることは出来ません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

赤字だから試算表が出せないのか

ホーム銀行融資審査マンの心理>赤字だから試算表が出せないのか

前々から融資の打診があり足元の業況を確認するために試算表の提出をお願いしている融資先があります。
ここ数日は忙しいので少し先になるが試算表の提出をする旨の連絡があり、その提出を待っている状態です。
それから1週間、2週間が経過してもこの融資先からは連絡がありません。
3週目になってこちらから電話をしましたが来客中とのこと。
電話に出た社員の方に折り返しの連絡がほしいと伝言を残しました。
今日は2日目ですがやはり連絡はありません。





こういう状態のときに銀行が考えることは「赤字で試算表が出せないのでは」ということです。
赤字の状況が銀行にわかってしまったら融資を受けられないのではないか、だから今後少しでも改善が見えてきたら提出をしようと考えているのかもしれません。
この融資先は普段から新商品の売れ行きが良いなどと業績が順調だと言わんばかりの話題ばかりでした。
ですから普段の会話とは正反対の赤字の試算表など提出が出来ないということかもしれません。

いずれにしてもこのような取引先は信頼感が低下します。
普段の話もまともに受け止めることが出来ません。
あくまでも想像の世界ですが、さきほど申し上げてきたことが正しくて恐らく赤字なのでしょう。
だから試算表を提出しようとしないし、電話にも出ないのでしょう。
融資の検討などまったく前には進みません。
たとえ赤字であったとしてもきちんと試算表の提出があって、別の融資の拠り所があれば検討可能な場合もたくさんあるのにです。
いいかっこだけする融資先には銀行は前向きにはなれないのです。
会社の業績が浮き沈みがあって当然です。
計画通りに売上が進展しないことがあっても普通のことです。
そのようなことは避けて良いことばかりを匂わす融資先にはやはり信頼が出来ませんし、融資の検討など出来ないのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

いつになったら試算表を出してくれるのか

ホーム銀行融資審査マンの心理>いつになったら試算表を出してくれるのか

融資取引のある化粧品製造会社があります。
主力先ではありませんが、主要な取引銀行の1つとして10年以上の融資取引歴があります。
資金繰りを維持するために年間を通して相応の新規借入が必要な財務体質であり、ここ最近当行でも融資を検討する状況になっています。
当行としてはその融資を検討するために足元の業況を確認するために試算表の提出をお願いしています。
これに対してこの会社は提出はしないとは言っていないものの、「時間がかかる」とか「他の銀行はそのようなことは言ってきていない」などとして未だに提出に至っていません。





決算直後であれば試算表の提出は求めないのですが、この会社の場合には前期決算期から10ヶ月が経過していますから、足元の業況確認の意味で試算表による確認は欠かせません。
他行が試算表の提出を求めていないといっても、もしかしたら決算直後の時期だったかもしれません。
いずれにしても試算表による業況確認は欠かせません。

ところで当社のように試算表の提出を渋るということはもしかしたら出せない状況があるのかもしれません。
つまり足元の業況は赤字でこれを出すと融資が出ないのではないかと危惧しているかもしれません。
あるいは試算表は作成しているとは言っているものの、実は作成しておらず会社自身の業績管理が出来ていないのかもしれません。
こういった状態では検討できる融資も検討出来なくなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

社長が自ら答えない

ホーム銀行融資審査マンの心理>社長が自ら答えない

銀行融資の申し込みを受けた場合など、足元の業績や資金繰り状況などについて会社側にヒアリングすることが多くあります。
その際、私たちはその会社の社長に質問を行います。
その時、社長の隣の席に経理の責任者などが同席されることが時々あります。
このこと自体は問題ではありません。
そして私たちより社長に質問を行うと、社長が答えずに隣に同席されている経理の責任者などが答えることがあります。
ここで問題となるのは社長がまったく質問に答えずに社長は経理責任者の顔を見るだけで、その経理責任者がもっぱら答える場合です。





私たちはなぜ融資が必要になったのか、その要因となる資金繰り状況などについて質問を行うわけで、それは日頃から資金繰りに精通している経理責任者から答えてもらった方が適切だとも言えます。
ただ社長にも答えて欲しいのです。
社長がまったく答えずに回答を経理責任者などに任せっきりというのは社長が資金繰りという経営においてもっとも大切な要素を把握していないのではないかと疑問を持ってしまうからです。
細かいことは経理責任者から答えさせてもまったく問題はありません。
しかしすべて経理責任者に任せっきりというのは、社長が日頃から資金繰りや足元の業績を把握していないのではないかと感じてしまうのです。
これはやはり印象としてマイナスです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

銀行は基本的に短期融資を嫌がる

ホーム銀行融資審査マンの心理>銀行は基本的に短期融資を嫌がる

銀行にとって融資は貸倒にリスクを内包する債権ですから、なるべく早期に返済してもらうことが貸倒リスクを減らす観点から原則と言えます。
銀行の与信管理の点からは融資はなるべく短期で対応するのが良いということになります。
しかし一方で銀行にとって融資は大きな収益源の1つですから、なるべく長く融資を行いたいという営業上の観点もあります。





また事務面の点からは説明しますと、短期の融資であれ長期の融資であれ銀行の事務面はほとんど変わりません。
ですから同じ手間暇をかけるのであれば、すぐに返済となってします短期の融資よりも長期の融資の方が効率が高いと言えます。

このようなこともあり銀行というのは基本的に短期の融資よりも長期の融資を好みます。
もっとも融資先の状況にもよります。
決算内容が悪いところへの融資はそれこそ貸倒リスクが高いと言えますから、長期の融資よりも短期の融資にてなるべく早く返済を受けたいと考えます。
逆に決算内容が良好な先は、貸倒リスクが低いと考えることが出来ますから、なるべく長期の融資にて対応して長く安定的な取引を構築したいと考えるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

在庫の高止まり

ホーム銀行融資審査マンの心理>在庫の高止まり

小売業や卸売業に代表されるように事業においては一定の在庫が必要です。
一定の在庫がなければ注文に迅速に対応出来ないからです。
ただ問題なのはその量です。
業態によって差異はあると思いますが、銀行融資の観点からはその適正な水準は月商の2ヶ月程度でしょう。
融資審査においては概ね4ヶ月が限度でしょう。
この水準を超えて来ると融資審査のスタンスは極めてシビアになります。

なぜ銀行が気にするかと言えば大きく2つの理由があります。
1つは陳腐化、不良化した在庫の懸念です。
陳腐化、不良化した在庫はもう正規の価格で販売出来る可能性はありません。
利益を上げるどころか赤字が出てしまう可能性が高いでしょう。
つまり陳腐化、不良化した在庫は含み損失を抱えているということです。
従って表面的には赤字になっていなくても不良化、陳腐化した在庫を考慮すれば損失が膨らみ債務超過に陥ってしまうことすらあるのです。





2つめは資金繰りを圧迫しているということです。
在庫を保有するには当然資金が必要です。
在庫が売れるまでその資金は必要となるのが理屈です。
なかなか在庫が売れなければいつまで経っても資金を回収することは出来ません。
つまりそれだけ資金繰りを圧迫するということです。

実際に過剰な在庫を抱えている融資先は現に存在します。
このような融資先に追加の融資を検討するには今後の在庫の削減見通しが必要です。
それにもかかわらず逆に在庫が増加していくような融資先があり、融資審査を担当する者としては非常に悩むところです。
銀行融資を必要とするのであれば着実な在庫の削減計画とか見通しを示してください。
そうでないと融資審査が前へ進みません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

資金状況はどうなのか?

ホーム銀行融資審査マンの心理>資金状況はどうなのか?

融資判断において融資先の今までの資金状況がどうなのか、どういう傾向なのかを融資審査ではよく見ています。
銀行は融資先から見れば外部の存在ですから、日々の資金状況を正確に把握することはできません。
しかし提出された決算書類から過去の決算期毎、つまり1年毎のトータルの資金状況を把握することが出来ます。
具体的にはキャッシュフロー計算書です。
外部の人間であっても決算書類があれば間接的にキャッシュフロー計算書を作成することが出来ます。

年間を通して資金が余剰の場合は基本的に問題視しません。
問題となるのは年間を通してみると資金が足りなったという状態です。
まず資金が不足した原因は何なのか、例えば赤字が原因なのか、設備投資を行なった為など資金不足の原因把握を行います。
さらに過去の資金状況はどうだったのかにも目を向けます。
前期のみならず過去数年間においても資金不足の状態であれば、問題は更に深刻化します。





お金というものは嘘をつきません。
毎期資金が足りないということはその融資先の構造そのものに大きな欠点があると考えることが出来ます。
不足した資金を銀行融資などで補完出来る間はよいのですが、無制限に資金調達が出来るわけではありません。
近いうちに必ず限界が来ます。
そして限界が来れば資金繰りが破綻し、行き詰まることになります。

決算が毎期黒字にもかかわらず、資金が不足しているということは決算そのものの信憑性にも疑問符がつきます。
つまり粉飾決算の疑いです。
決算書は操作出来ても現金は操作出来ません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

メインバンクだからといって融資は通らない

ホーム銀行融資審査マンの心理>メインバンクだからといって融資は通らない

メインバンクは融資先の資金繰りの維持に一定の社会的責任を負っているのは確かです。
業績が悪化して資金の調達が思うようにいかない、どこの取引銀行も相手にしてくれないといった場合でも、メインバンクは最後の資金繰りの砦として融資先の資金繰りが破綻しないように支援を行い、融資先の企業の存続に最後まで付き合う一定の役割を持っています。
しかしなんでもメインバンクだからといって融資に応じるわけではありません。





以前担当していた会社は業績が毎年苦しく、資金繰りに困ると追加の融資を行なって支援をしてきました。
その会社は当行の他に3つの金融機関と取引がありましたが、どの金融機関も相手にしてくれません。
業績が毎年赤字続きの状態だったからです。
他の金融機関に融資を断れては当行に融資相談があり、潰すわけにはいかないという当時の判断で融資を行い資金繰りの支援を行なっていました。
先月に追加融資を行なった後に再び今月融資の相談を受けました。
こういうことは過去にもあったことですが、ここ最近はその頻度が高まっていました。

追加融資を行うにあたっては銀行内では「今回の融資で当面の資金繰りは維持出来る」とか「業務の改善計画に基づき、徐々にではあるが今後は業績の回復が期待できる」といって判断根拠で銀行は融資に応じているわけです。
ところが毎月のように融資の相談があるということは「当面の資金繰りは維持出来るとは言えません。
また資金が足りないということは計画通りに業務の改善が進んでいないとも考えられます。
そうであればどれだけ資金繰り支援のために融資を行なっても、業績や資金繰りの改善は期待出来ないということです。
さらにはそれだけ銀行の貸倒の見込み額が増大してしまうということです。
銀行も主力先の資金繰りの維持に一定の責任を負っているといっても、自ずと限度があります。
いたずらに、回収の見込みがない融資を続けてもそれだけ将来の貸倒損失が膨らむだけということであれば、もう追加の融資を行うことは難しくなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

外部情報機関の信用情報と銀行融資審査との関係

ホーム銀行融資審査マンの心理>外部情報機関の信用情報と銀行融資審査との関係

私たち銀行員が取引先に対する融資を検討する際に帝国データバンクなどの外部の信用情報機関の情報を参考にすることがあります。
とくにやっかいなのがこの外部情報機関から出される不芳情報。
手形が町の金融業者に出回っているとか、資金繰りが厳しく支払いの一部が滞っているといった不芳情報が出されると、融資審査のハードルが格段に高くなる。
本来、支店内にて審査決裁が出来るものも本部審査部の決裁が必要となるなど、担当者としては頭の痛い問題だ。





例えば上記の「資金繰りが厳しく支払いの一部が滞っている」との情報に接した場合、それをそのまま取引先に確認をするわけにはいかない。
外部情報機関からこのような情報が発出されていると説明することが出来ず、遠回しに資金繰りの状況を確認せざるを得ない。
そして融資の審査を通すにはこの不芳情報が懸念がないことを証明しなければならないわけであるが、保守的な銀行の融資審査姿勢に照らし合わせるとほぼ不可能に近い。
10年以上も前の不芳情報であれば、今は懸念はないと比較的容易に言えるところだが、1年以内や半年以内など最近の情報となるとその懸念を払拭することは困難になる。

もっともこのような情報が出回るということはまったくのがせネタということではなく、そのような情報が出てもおかしくないといった状況に取引先があることが多い。
十分な担保がないと難しいのが銀行融資審査の実態だ。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%