「審査」タグアーカイブ

銀行融資審査の拠り所

ホーム銀行融資の審査に関すること>銀行融資審査の拠り所

銀行融資の審査においては必ず「拠り所は何か」というポイントを押さえるようにしています。
この「拠り所」というのは、「融資がきちんと回収出来る根拠」と置き換えることが出来ます。
融資は最後まで回収しなければなりませんから、融資審査においてはきちんと最後まで回収出来るのかどうかが最大のポイントなるのです。

ではどのようなものが銀行融資の拠り所となるのでしょうか?
拠り所としての確実性が高い順にいくつかをご紹介します。

1.信用保証協会の保証
信用保証協会は公的機関ですから、この機関による保証ほど確実な拠り所はありません。
中小企業中心に銀行が信用保証協会の保証付融資を勧めるのは、利率が有利など顧客にとっての好条件もさることながら、融資の回収の確実性を銀行が重視しているからです。

2.担保
担保があれば融資の返済が滞った場合でも、その担保を処分することにより銀行は融資を回収することが出来ますから、これも確実性の高い拠り所と言えます。





3.預金平残
担保には取っていないものの、いざという時に銀行は融資先の預金を押さえることが出来ます。
よって預金口座に常に一定の残高があれば、一応はその残高程度は回収出来る期待を持つことが出来ますから、1つの拠り所と考えることが出来ます。
「業績が低迷しているが一定の預金残高があるから」といった判断で融資に応じることは少なくありません。

4.売上の入金状況
売上金の入金を自行口座に指定いただいている場合には、預金も溜まりやすくこれも1つの拠り所と考えることが出来ます。

5.業績
拠り所としてもっとも弱いのがこの業績です。
どれだけ好調な業績を続けてきても、それが将来にわたり続くとはだれも保証することは出来ません。
業績を拠り所として融資を行うことは銀行としても一定のリスクを背負うことになります。
よく「業績は順調だから、心配しないで融資してよ」と依頼を受けることがありますが、銀行というのは意地悪な側面を持っています。
その意地悪とは業績を信用しないということです。
特に中小企業の場合には営業基盤が相対的に脆弱で、外部の経済環境の影響を受けやすい特徴があります。
どれだけ好調な業績を維持していても、今後はどうなるかわからないという不安感を銀行は常に持っています。
したがって業績だけを拠り所とする銀行融資の申し出は対銀行に対して説得力を持ちません。

photo by: mdid




◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

足許の業績把握は銀行融資審査に欠かせません

ホーム銀行融資の審査に関すること>足許の業績把握は銀行融資審査に欠かせません。

銀行融資の審査の基本は決算書の分析による判断ですが、決算書というのは過去の数字です。
決算書だけでの判断では過去の状況に基づいてのみ融資是非を検討することになってしまいます。
当然、過去の数字を把握したうえで、足許の業績はどうなっているのかを銀行としては把握したいところです。
前期の決算内容は良好でも、足許の業績が大きく悪化していることも考えられるからです。





足許の業績動向を判断するのに欠かせないのが試算表です。
試算表も過去の数字であるのですが、少なくとも前期決算以降の業績動向を見ることは出来ます。
決算から一定期間が経過している場合には、銀行としては試算表の提出を求めたくなります。
融資審査に厳格なところは試算表の提出がないと融資をお断りする銀行もあります。
前期決算から少なくとも半年が経過している場合には、融資審査に試算表は必須だとお考えいただいた方がよろしいかと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

長期間の業績推移を銀行は融資審査時に見ています

ホーム銀行融資の審査に関すること>長期間の業績推移を銀行は融資審査時に見ています

銀行融資審査の判断の基本は融資先の業績状況の把握です。
その際、今年や前年など最近の業績状況がどうなのかが大きな判断ポイントとなるのですが、もっと長期間で見た場合の業績推移も融資審査には影響しています。





なぜなかというと長期間にわたる業績推移を確認することで、融資先の真の実力が見えてくるからです。
数年の業績だけの判断では融資先の真の実力を見極めることは難しいです。
最近の売上が増加していても、それは「たまたま」の場合も考えられます。
しかし「たまたま」は長期間にわたることはないはずです。
このことから、長期間の業績推移を把握することで融資先の真の実力が見えやすくなるのです。
今後も伸びる可能性がある融資先なのか、あるいは長期的に衰退傾向にある融資先なのかなどです。

短期での融資検討の場合には、それほど長期間にわたる業績推移は気にしていませんが、突っ込んで融資を検討する場合には、必ず長期間にわたる業績推移を見ています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

銀行の住宅ローン審査は何を重視するのでしょうか?

ホーム住宅ローンの審査>銀行の住宅ローン審査は何を重視するのでしょうか?

ずばり返済能力です。
担保の問題ではありません。





住宅ローンはご承知の通り、超長期の銀行融資です。
20年も30年も返済をしてもらわないといけない特徴があります。
したがって何よりも重視するのは「この人は長期にわたってきちんと返済してくれる人なのか?」という点です。

ではどうやって銀行はきちんと返済してくれる人かどうかを判断するのかといえば、それはその人の過去の信用情報や収入の安定性などを材料に判断をしています。
なお担保はあくまでも「万が一」の場合の回収手段です。
したがってどれだけ担保価値がある物件であっても、返済能力に疑問があれば住宅ローンをお断りすることになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

銀行が住宅ローン審査を断る理由が言えないのはなぜですか?

ホーム住宅ローンの審査が通らない>銀行が住宅ローン審査を断る理由が言えないのはなぜですか?

審査基準は企業秘密

テレビの番組などを見ていると「こちらの秘伝のたれの作り方を教えてください」という質問に対して、お店の人が「それは企業秘密だから言えません」というやり取りを見聞きされたことがあると思います。
住宅ローンを銀行が断る理由を明確に伝えないのは、この企業秘密と同じ理屈です。
住宅ローンの審査基準はその銀行にとっては企業秘密なのです。





審査基準を公表してしまえば、銀行にとって都合の悪いことが発生します。
審査基準というものは確かに存在するのですが、この基準が絶対的というものでもありません。
審査を進めるうえでの1つの目線といった方が適切かもしれません。
例えばよく知られている審査基準に返済比率というものがあります。
収入に占める返済額の割合です。

この返済比率をどの程度にするかは審査基準で決まっています。
ただ少しだけ返済比率の基準が超過しているが、その他の基準はすべて充足しているようなケースがあります。
このような場合には、その方の収入など属性を総合的に考えて返済比率の超過には目をつぶり、住宅ローンの審査を通すことがあります。
平たく言えば、人によって審査が通ったり、通らなかったりするケースがあるということです。

審査基準を公表してしまえば、上記のような銀行の総合的な審査判断がしづらい局面が出てきます。
そのために審査基準は非公表としており、住宅ローンの審査が通らない理由を個別具体的に説明してしまうと、非公表の審査基準を明らかにすることにつながるため、断る理由を伝えることが難しくなるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

銀行の担当者によって保証協会の審査に違いはありますか?

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>銀行の担当者によって保証協会の審査に違いはありますか?

信用保証協会の審査は銀行とはまったく独立して行われていますので、銀行担当者の良し悪しと信用保証協会の審査とはまったく関係がありません。
信用保証協会の最終審査結果に銀行担当者の良し悪しが影響することはありません。





ただし信用保証協会の審査時間には影響を与える場合があります。
というのは、信用保証協会に銀行経由で申し込みを行うと、ほぼ100%と言って良いほど信用保証協会の担当者から銀行の担当者に質問や追加書類提出の依頼などの連絡が行われます。
それに素早く反応すれば、信用保証協会の審査のスピーディーに行われます。
逆にすぐに対応せず(質問の内容によっては顧客に聞かないとわからないものもある)にいると、その時間だけ信用保証協会の審査は止まったままになります。

申込みの時期にもよりますが、銀行経由で申し込みを行ってから1週間、どれだけ遅くとも2週間以内には信用保証協会から銀行に連絡が入ります。
そこで質問が行われたり、追加書類の提出依頼が行われます。
したがって申込みを行ってから10日間ほどが経過しても、銀行から何ら連絡がない場合には、進捗状況の確認を行ってみてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

銀行融資の審査通った後は必ずその融資を受けないといけないのですか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行融資の審査通った後は必ずその融資を受けないといけないのですか?

そんなことはありません。
そもそも融資を受ける必要性がなくなった場合のほかに、他の銀行の方が条件が良くその銀行から融資を受けることになった場合でも同じです。





融資を受けないことで審査が通った銀行から、今後ペナルティのようなものを受けることもありません。
ただ審査が通った銀行としては、出来るだけ早く融資を実行したいという気持ちを持っています。
したがって連絡をしないと、その銀行からいつ融資契約を行うかなどの問い合わせが繰り返し行われると思います。

この場合にはその銀行に融資を受けないことになった理由をそのまま伝えてください。
融資を受ける必要性がなくなったのに融資を押し付けることはありませんし、他の銀行の条件の方が良いために融資を受けないといったことが珍しいことではありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

融資の審査待ちですが信用保証協会とはどんな事を審査するのでしょうか?

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>融資の審査待ちですが信用保証協会とはどんな事を審査するのでしょうか?

信用保証協会の審査は銀行の融資審査と同じ

信用保証協会は直接融資を行うわけではなく、銀行融資の保証人となってくれる公的機関です。
直接融資を行うわけではありませんが、債務者が銀行融資の返済が困難となった場合、債務者に代わって銀行に返済する義務を負います。
このことから信用保証協会での審査というのは、ほとんど融資の審査と変わりません。
むしろ融資の審査と同じだと言えます。





融資審査の基本

融資審査の基本は「貸したお金が返ってくるかどうか」です。
融資先がきちんと返済能力があるかどうかを、決算書や確定申告書を主にして分析するわけです。
そして返済能力に問題がないと考えられれば、基本的に融資審査はOKとなります。
逆に返済能力に懸念がある場合には、担保を取って検討したり、あるいは融資をお断りすることになります。
信用保証協会も基本的に上記と同じ審査を行っています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

個人ローンの融資審査の時に前科は調べられますか?

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの融資審査の時に前科は調べられますか?

銀行の融資審査において犯罪の前科を調べることはありません。
警察の照会をしても警察は答えてくれませんし、そもそも前科を調べる方法は存在しません。
ただし銀行は取引開始にあたってはその人が反社会的勢力ではないかどうかは、独自の方法で調べています。





前科があることが直ちに反社会的勢力とみなされることはありませんが、犯罪の種類によってはそのように登録されてしまうことはあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

銀行の個人向け融資は保証会社が審査をやるのですか?

ホーム個人ローンの審査>銀行の個人向け融資は保証会社が審査をやるのですか?

銀行の個人向け融資のほとんどは保証会社の保証を付けています。
住宅ローンもそうですし、教育ローンやカードローンなども保証会社の保証を付けて銀行が融資をする形態となっています。





銀行ももちろん審査を行うのですが、それは申し込み条件を満たしているかどうかの、ある意味、形式的な審査にとどまり、実質的な審査は保証会社が行っています。
そして保証会社が保証決定すれば、よほどのことがない限り、銀行は融資を行っています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%