「払えない」タグアーカイブ

財産がなく借金が払えない場合

ホーム借金の督促・取立>財産がなく借金が払えない場合

◆質問

財産は何もありませんが返済期限がせまっている借金を払える当てがありません。
その場合、どうなりますか?

◆回答





返済期限までに借金の返済が出来ない時、多くの場合、次の手順で進みます。

1.電話などで返済の督促を受ける
2.督促状が郵送されてくる
3.内容証明郵便にて督促状が郵送されてくる
4.債権者より裁判所に貸金返還請求訴訟が提起される
5.裁判所より強制執行命令が出て、給与や銀行預金口座の差押を受ける

おおむねこのような手順にて債権者による回収が進められます。
そして多くの場合、給与などの差押を受ける前に破産などの申し立てを行なわれます。
なお債権者は上記手順にて完全に借金を回収出来るとは限りません。
回収不足がある場合には、差押を繰り返し行うこともあれば、回収を断念するケースもあります。
なお上記のような状態になった場合には、個人信用情報に事故情報が登録されますから、長期間にわたり新規の融資やクレジットカードの保有が不可能となります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

住宅ローンが払えなくなったら・・・

ホーム住宅ローンの返済>住宅ローンが払えなくなったら・・・

質問
住宅ローンを夫婦二人の名義で銀行から借りています。
私の父が連帯保証人になっています。
私と主人ともに正社員として働いていましたが、私は数年前に退職し、現在はパートとして働いています。

ところが主人の勤務先の会社の業績が良くなく、主人の収入が減ってきており、住宅ローンの返済がだんだんときつくなってきています。
私も、より長時間働いてパート収入を増やそうとしていますが、思うように働くことが出来ずにパート収入は少ししか増えていません。
預貯金を少しずつ減らして、何とか住宅ローンの返済を続けている状況です。

もし今後住宅ローンが払えなくなった場合、どうなるのでしょうか?
私の父が連帯保証人になっていますが、父が支払わないといけないのでしょうか?

回答
住宅ローンの返済が困難となった場合、即ということではありませんが、ご自宅は住宅ローンの担保となっていますから、処分される可能性があります。
また連帯保証人であるご質問者の父に返済請求がなされます。





住宅ローンの返済額を少なくして、その上で返済を続けていくことが可能であるならば、大切な自宅を失わないため、あるいは父に返済請求が行かないためにも、真剣に検討されるべきかと思います。

住宅ローンの返済額を少なくする方法としては主に2つあります。

1つめは住宅ローンを今よりも長期の住宅ローンに借換をすることです。
住宅ローンの返済期間を長くすることにより、毎月の返済額は確実に減らすことが出来ます。
なお住宅ローンの借換は現在借入中の銀行では出来ません。
別の銀行の住宅ローンに借換することになります。

2つめは現在借入している銀行に返済条件の緩和、いわゆるリスケを申込むことです。
収入が減少した理由や今後の返済見込みを説明し、銀行の同意を得た上で毎月の返済額を少なくする契約(変更契約と呼ばれています)を結ぶことです。
返済額を少なくする相談はしづらいかもしれませんが、銀行は真摯に相談に乗ってくれるはずです。
ご安心ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%