決算書分析

銀行員の決算書分析 借入口数

借入金の勘定明細 銀行は貸借対照表や損益計算書などいわゆる決算書の他に、各勘定科目の明細を記載したものも提出を求めます。 つまり税務署に提出する確定申告書一式の提出を求めます。 貸借対照表などのいわゆ ...

銀行員の決算書分析 借入平均利率

借入平均利率とは 借入平均利率とはその会社がどれくらいの利率の借入があるのかを推測する指標です。 計算式は次のとおりです。 借入平均利率=前期支払利息/【(前々期長短借入金+前期長短借入金)÷2】 × ...

銀行員の決算書分析 流動比率

流動比率とは 流動比率は財務分析の分野では「安全性」を示す指標として位置づけられています。 流動比率はつぎの算式で求めます。 流動比率(%)=流動資産÷流動負債×100 流動資産は1年以内に現金化する ...

銀行員の決算書分析 受取手形・売掛金

売掛債権回転期間 決算書の流動資産に計上されている受取手形や売掛金について、銀行がまず最初に分析にするのはいわゆる売掛債権回転期間です。 売掛債権回転期間に関しては下記の記事をご参照ください。 →銀行 ...

銀行員の決算書分析 現預金

最低限月商の1ヶ月分はほしい 現預金は会社の資産の中でもっとも資産性が高いものです。 他の勘定科目とは異なり現預金は多ければ多いほどよい勘定科目です。 銀行の財務分析においてもこの現預金が多いほど財務 ...

銀行員の決算書分析 年商と借入金

年商との比較 大多数の会社には借入金が存在します。 借入金がない、つまり無借金経営の会社はほんの一部分です。 問題はその借入金がどれくらいあるかです。 銀行の融資審査においても借入金がどれくらいあるか ...

銀行員の決算書分析 仮払金

仮払金は本来は一時的なもの 貸借対照表(バランスシート)の流動資産に計上される仮払金。 本来は勘定科目が定まらないため「一時的に」計上する科目です。 例えば社長が出張に行くので、その費用としてとりあえ ...

銀行員の決算書分析 貸付金

中小企業の貸借対照表を見て、結構多いのが貸付金の存在です。 中小企業が第三者に資金を貸付けていることを示している勘定科目です。 短期貸付金、長期貸付金と会計上は分かれていますが、ほとんどの中小企業の貸 ...

銀行員の決算書分析 買入債務回転期間

買入債務回転期間とは 買入債務回転期間は次の算式によって計算することが出来ます。 買入債務回転期間=(買掛金+支払手形)÷平均月商 例えば年商6億円(=平均月商5,000万円)の会社で、買掛金の残高が ...

銀行員の決算書分析 在庫回転期間

在庫回転期間とは 在庫回転期間は次の算式によって求めることができます。 在庫回転期間=在庫÷平均月商 この在庫回転期間の数値は何ヶ月分の在庫を保有しているかを表しています。 在庫の適正な水準は業種によ ...

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.