初年度が赤字だと銀行の融資は不利でしょうか?


ホーム起業・創業融資全般>初年度が赤字だと銀行の融資は不利でしょうか?

創業直後は赤字決算の先が多いのが実態です。
創業時にはいろいろな諸費用がかかりますし、営業基盤も安定していません。
したがって創業直後から黒字決算を確保するのは容易ではないことが多いはずです。

銀行融資の審査においては、もちろん赤字よりは黒字の方が有利です。
しかし赤字だからといって諦める必要もありません。
ポイントは今後どのようにして、事業を確立していくかです。
事業の継続可能性が認められれば、仮に初年度が赤字であっても銀行融資が受けられる可能性はあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


銀行が赤字でも融資をする理由を教えてください


ホーム赤字決算・債務超過のとき>銀行が赤字でも融資をする理由を教えてください

赤字ということは融資を受けても返済が難しいということを意味します。
銀行融資の原則は「貸したお金を最後まで回収する」ということですから、赤字先への融資はこの原則に反することになります。
それでも実際には銀行は赤字先への融資を実行する場合があります。
その理由は将来の回復可能性を期待出来る場合に、事業の継続を資金繰り面から支援する必要があるからです。
銀行の社会的使命と言えるかもしれません。

したがって赤字がずっと続いており、将来にわたって具体的な改善見込みがない場合には、融資による資金繰り支援を行っても、その融資が焦げ付く可能性が高いですから銀行から融資を受けることは難しくなります。
また複数の銀行と取引がある場合、取引地位が低い銀行や日頃から疎遠な関係にある銀行からは、その銀行から見れば赤字の融資先を支援する社会的な役割は低いですから、やはりこのような銀行から融資を受けることは難しいと言えます。

赤字であるものの、回復の具体的展望が見えている場合には主力銀行など親しい関係のある銀行に相談をしてみてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字申告でもお金は貸してくれますか?


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字申告でもお金は貸してくれますか?

質問
現在個人事業主として商売をしています。
今年の確定申告は赤字で申告をしたのですが、急にお金が必要になりお金を借りたいのです。
赤字であればお金は貸してくれないと聞きますがやはり無理でしょうか?

回答
「赤字だと融資は無理か?」といったお問い合わせは多く、このサイトの他の記事でもご案内していますが、「赤字だから融資は無理」ということはありません。
もっと丁寧にご案内するとしたら「赤字ということでだけで融資はしない」ということはないのです。
現に赤字決算の先に、銀行は融資をしています。
一部の例外ではありません。
数えきれないほど赤字先にも銀行は融資をしているのです。
問題なのは赤字という事実ではなく、この先も事業を継続し返済がきちんと行えるかどうかということです。

赤字にもいろいろあります。
毎期毎期赤字が続いており、一向に回復の目途が立たない状態だと、さすがに銀行融資は難しいです。
これは銀行融資の返済が困難だと考えられるからです。
一方で現在は赤字であるものの、黒字回復の見込みが期待出来る場合には、少なくとも事業継続に必要な資金繰りを銀行は支援する方向で検討するのです。

したがって赤字の場合には、この先どのようにして業績を立て直すのか。
その具体策の銀行への提示が効果的です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


会社が3期連続赤字になったら、金融機関の対応はどうなりますか?


ホーム赤字決算・債務超過のとき>会社が3期連続赤字になったら、金融機関の対応はどうなりますか?

3期連続赤字で銀行が気にすること

融資先の赤字が続いている場合、銀行がもっとも気にするのは融資が回収出来るかどうかという点になります。
3期連続赤字の場合には融資先が構造的に赤字体質になっていることが懸念され、ますます融資の回収が危険視される状態だと言えます。
もっとも3期連続赤字になったからといって、特に定められた銀行の対応方法はありません。
ただし一般的には銀行がつぎのような対応方針で融資先に臨むことになります。

銀行の一般的な対応方針

銀行の対応方針1 追加融資は行わない
赤字が続いていることは融資の返済が危ぶまれる状態であり、追加に融資をすることはまずありません。

銀行の対応方針2 保全の強化
融資先やその家族など関係者の資産調査を行い、担保に取れるものはないかどうか、融資の保全を固めることになります。

銀行の対応方針3 利率の引き上げ
銀行融資の利率はリスクリターンが原則です。
赤字が続いているということは融資回収のリスクが高まっているということですから、それに伴いリターン、つまり利率の引き上げを検討することになります。

融資先(債務者)が考えるべきこと

このように赤字の状態が続くと銀行は融資の回収に向けた動き一色となります。
したがって融資先としてはどのように黒字転換、つまり業績の立て直しを図るのか、じっくりと銀行と相談されることをおすすめします。
銀行の理解が得られれば、資金繰りを維持し事業を継続するための最低限の資金は融資が受けられる可能性も出てきます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字続きの会社でもどうして倒産しないのですか?


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字続きの会社でもどうして倒産しないのですか?

会社が倒産するのは決算が赤字だからではなく、資金が足りなくなった時です。
資金がある限りは、仕入先への支払いや銀行への融資の返済、社員への給料の支払いは出来ます。
したがって赤字決算が続いていたとしても、資金がある限りは上記支払いを続けることは出来ますから倒産はしないのです。

しかし赤字は確実に資金を減らしていきます。
赤字が続けば、どんどん資金は減っていき、やがて底をつきます。
そうなれば倒産です。
赤字で資金が減った分を銀行融資で補うことが出来れば良いのですが、銀行も赤字が続いている会社にいつまでも融資をすることはありません。
赤字続きの会社は倒産のシグナルと言えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


信用保証協会の利用と融資と連続赤字について


ホーム信用保証協会保証付融資の審査>信用保証協会の利用と融資と連続赤字について

質問
会社を設立してから10年ほどが経ちます。
これまで銀行融資は一切受けてきませんでした。
ただ資金が心細くなってきているため、一度銀行融資を受けたいと思っています。
はじめて銀行融資を受ける際には、信用保証協会の利用が多いと聞いています。

ただ業績は良くありません。
ここ最近は4期連続赤字決算です。
累積赤字の状態です。
このような条件で信用保証協会を利用して銀行融資を受けることは出来るのでしょうか?

回答
正直なところ、4期連続で赤字というのは厳しいです。
今まで銀行融資を受けることなく事業を継続されてきたものの、ここにきて初めて銀行融資を利用されるということは、客観的に考えれば赤字が続いてきたため資金繰りが厳しくなってきたものと考えられます。

このまま赤字が続ければ、仮に銀行融資を受けることが出来ても返済が出来ません。
そのことを信用保証協会も銀行も気にする点です。
信用保証協会の保証を利用して銀行融資を受けるには、最低限、今期、黒字回復が十分に認められる見通しが必要となります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字の場合でも銀行融資は可能ですか?


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字の場合でも銀行融資は可能ですか?

赤字が原因で絶対に銀行融資が受けられないということはありません。
赤字の場合でも多くの例で融資は実行されています。
ただしどんな場合でも銀行融資が受けられるというものではありません。
ではどんな場合に赤字でも銀行融資が受けやすいのか、いくつかの条件をご紹介します。

1.赤字の原因がはっきりとしている

まず肝心なのは経営者自身が赤字の原因をきちんと把握しているということです。
売上減少が赤字のケースで多い原因だと思いますが、単に「売上が下がったから」だけではなく、売上の数量が下がったのか、それとも売上の単価が下がったのか、あるいはその双方が原因なのか。
ある程度、掘り下げて原因を把握する必要があります。

2.赤字に対する対策を立てているか

「不景気で売上が下がったからしょうがない」では銀行融資は受けられません。
赤字の原因に対する対策を銀行は期待しています。
銀行内部の話ですが、赤字先に対する融資の稟議はやはり書きづらいものです。
前期は赤字だったが、今期は黒字回復に期待が持てるなど、何らかの材料が融資稟議には必要です。
その基礎となるのが、赤字対策の材料です。
単に景気が悪いからといった外部環境のせいにするのではなく、その厳しい環境を踏まえて自社としてどうしていくつもりなのか、このことをしっかりと銀行に伝えることがポイントです。

3.黒字回復の可能性はあるのか

この先ずっと赤字が見込まれれば、そう簡単に銀行は融資を出来ません。
赤字であるということは、すなわち銀行融資が返済出来ないということです。
やはり黒字回復の可能性があることがポイントです。
さきほどの赤字対策の実施で黒字回復の見込みがあるのかどうか、ここのところが重要です。

4.万が一の場合の拠り所はあるのか

これは絶対ではありませんが、この先も赤字が続いたとしても銀行は融資を回収出来る見込みがあるのかどうか、この点を銀行は気にしています。
担保となるような不動産があれば、銀行は融資をしやすくなるのは事実です。
担保となるような資産は何も会社だけではありません。
経営者自身の所有のものも含まれます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


「税金を払いたくないから赤字にした」


ホーム中小企業社長との面談日誌>「税金を払いたくないから赤字にした」

事業者の方に取って「節税」は実は重要な事柄であることは理解しています。
具体的な統計に基づくものではありませんが、多くの事業者の方々はいかに納税額を少なくするかに色々と知恵を絞っておられます。
このことは銀行も十分に承知をしています。

一方で「節税」は事業利益を少なくすることとイコールです。
事業利益は銀行融資の側面から見ると、融資の返済能力に直結します。
したがって事業利益を少なくして「節税」することは、一方で銀行融資が受けにくくなる効果ももたらします。

過去に面談した中小企業の社長の中には「税金を払いたくないから赤字にした」と赤字決算を説明された方がいらっしゃいました。
しかし銀行は節税のために赤字にしたとの理由を考慮することはありません。
赤字決算は赤字決算で、返済能力はゼロとの判断をします。

節税はしつつもほどほどにして、実態に近い決算にすることが大切なのではないかと思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字なのに高額な役員報酬が続いている


ホーム銀行融資審査マンの心理>赤字なのに高額な役員報酬が続いている

決して多いとは思いませんが融資先の決算書を眺めていると、ここのところ赤字決算が続いているにも関わらず数千万円の高額な役員報酬を社長が受け取っているケースが見受けられます。
それでいて資金が足りなくなると融資の申込に来られます。

中小企業の場合、会社と社長は一心同体ですから社長の役員報酬を考慮すれば黒字になると考え融資を検討することもあります。
例えば会社が500万円の赤字決算であるのに対して、社長の役員報酬が3,000万円である場合、社長の役員報酬を考慮すれば実質的にはこの会社は黒字だと考えられるわけです。
会社で融資の返済が足りない場合、社長の個人資金でもって融資の返済は可能と銀行も考えるわけです。

しかし基本は会社の資金から融資は返済しなければなりません。
銀行融資の審査の視点も会社単独の返済能力が対象となるのであって、個人の資金も考慮して返済可能性を審査するわけではありません。
個人資金はあくまでも予備的な位置づけです。
そうするといくら役員報酬を考慮すれば会社の決算が実質的に黒字であるとしても、毎年赤字決算が続いている場合、「この社長は会社の決算をどう考えているのか?」「黒字にするという経営感覚はあるのか?」とネガティブに考えてしまいます。
社長の役員報酬を考慮し実質的には黒字決算だとしても、会社の単独決算が赤字であることを理由に銀行融資を断ることも少なくありません。

役員報酬を減額して会社の決算を良くする姿勢がほしいのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


銀行融資を考えて営業利益の赤字は問題ですか?


ホーム赤字決算・債務超過のとき>銀行融資を考えて営業利益の赤字は問題ですか?

◆質問
家族で会社を営んでいます。
まもなく決算を迎えますが営業利益は赤字の見込みです。
ただ営業外収入により最終的な利益は黒字になると思います。
今は銀行融資の借入はしていませんが、今後は銀行融資も考えています。
銀行融資を考えた場合、営業利益の赤字を気にする必要はありますか?

◆回答
営業利益は事業の本業での収益力を示します。
一方で最終的な利益は本業以外の収益を加味して算出されるものです。
確かに「最終的に黒字であれば良いのではないか」と考えることも出来ますが、やはり利益の第一は本業で生み出すもののはずです。
また本業以外の収益は毎期毎期、生み出されるとは限りません。
多くの場合、本業以外の収益は「その期だけ」のように偶発的なものが多く、事業の利益を安定的に支えるものではありません。

このような理由から銀行では本業での利益水準、つまり営業利益が黒字なのか、赤字なのかは注目している項目です。
営業利益が赤字だからといって直ちに銀行融資を行わない、とはなりませんが営業利益の赤字が毎年続くようであると資金繰りにも当然影響してきますし、「事業をしている意味がない」ともなりかねません。

営業利益が赤字であれば、何が原因なのかを十分検討していただき、いかに黒字を確保するかの対策を実施していく必要があると考えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト