赤字決算を黒字に書き換えて銀行から融資を受ける事は可能なのでしょうか?


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算を黒字に書き換えて銀行から融資を受ける事は可能なのでしょうか?

銀行の融資審査は慎重に行っています。
赤字決算を表面的に黒字決算にしても(これを粉飾と言います)、たいていの場合、銀行は本当は赤字決算であることを見抜きます。

銀行融資を受ける際には、決算書などいくつかの書類を提出することになりますが、銀行は提出された書類をそのまま信用することはありません。
書類を分析する中で、表面的には黒字決算であっても赤字決算であることを見抜きます(少なくとも疑わしいところまでは見抜きます)。
そして本当は赤字決算であるにもかかわらず、決算を粉飾して黒字に見せかけていることが判明した場合、その銀行は絶対に融資に応じません。
だます先を信用することは出来ないからです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算を何回すると銀行は融資を渋りますか?


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算を何回すると銀行は融資を渋りますか?

赤字決算先に対する明確なルールは存在しない

赤字決算に対して、銀行内部での明確な対応ルールのようなものはありません。
一言で赤字決算といっても原因は様々です。
たまたまの要因による赤字決算もあれば、構造的な問題による赤字決算の場合もあります。

たまたまの要因による赤字決算であれば、翌期は黒字回復が期待出来ますから銀行も比較的融資に応じやすいということになります。
一方で構造的な問題による赤字決算の場合には、この先も赤字決算が懸念される状態だと言えますから、銀行は融資に応じにくくなります。

銀行融資の分岐点

担保があるかどうかなどの問題も絡みますが、赤字決算でも銀行が応じる分岐点というのは赤字の要因と今後の見込みだと言えます。
赤字の要因が明確であり、その要因が克服可能で対策がしっかりとなされれば、黒字回復が期待出来ますから銀行が融資に応じる可能性が高いと言えます。
一方で赤字の要因は判明しているものの、対策が難しい問題もあります。
そのような場合には赤字体質からなかなか抜け出せないことが考えられますから、どうしても銀行融資は受けにくくなります。

したがって赤字決算となってしまった場合には、その要因を明確にして今後の対策を銀行にしっかりと説明することが銀行融資が受けやすくなる近道だと言えます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


銀行融資申込事例5 設備資金 赤字決算 債務超過 投資効果


ホーム銀行融資申込事例集>銀行融資申込事例5 設備資金 赤字決算 債務超過 投資効果

ラーメン店を営む中小企業から最近設備資金の借入申込みがありました。
この会社の直近の決算は大幅赤字でかつ債務超過の状態です。
通常赤字決算でかつ債務超過の状態では銀行融資の借入は非常に難しくなるのが現実ですが、私は今回この会社に申し出どおりの融資を実行しました。

申し出の内容は製麺機を購入するための資金です。
現在のところこのラーメン店は麺を外部の製麺会社から仕入れをしています。
それを自家製に変えるために製麺機を購入しようということです。

銀行融資の審査の最大のポイントは融資した資金が最後まで回収できるかどうかという点です。
この点に照らすと、赤字決算でかつ債務超過の場合は融資した資金がきちんと返済される可能性は極めて低いと考えられます。
ですから銀行融資の審査は非常に厳しいものとなるのです。

しかしながら今回の私が融資に応じた理由は自家製の麺に切り替えることによるコスト低減効果です。
赤字決算の場合、当然ながらいかにして利益を確保して黒字決算に転換させるかは対銀行対策だけでなく、会社経営にとって極めて重要なことです。

コスト低減による利益体質転換がポイント

今回のこのラーメン店が製麺機を購入する目的は、自前の麺でラーメンを作りたいという願いもあるのですが、一方で麺を自家製に切り替えることにより、外部の製麺会社から仕入れするよりもコストが相当程度低下させることが出来るという点にあります。

このラーメン店経営の中小企業の社長は赤字決算の現実を踏まえ、さしあたり何が無駄になっているのかを徹底的に見直したそうです。
その見直しの結果、麺の仕入れコスト負担が重く、これを自家製に切り替えることによるコスト低下に着目しました。

このラーメン店自体は客足は順調で、地域では人気ラーメン店の1つとして認知されています。
しかしながら経営管理が甘く、無駄なコストがあまりに多く、赤字決算に陥りやすい体質となっていました。
もちろん税金対策の面もあるとは思いますが・・・。

この社長は私の方から赤字決算でかつ債務超過の内容では、今後の新たな出店などの資金支援は出来ない旨の説明を受けて、利益体質を根本から変えるべく、徹底的にコストの見直しを行っていただいたようです。
その結果、今回の製麺機の購入資金の借入申込みにつながっています。

赤字決算でかつ債務超過ですから慎重に融資審査は行いましたが、麺の自家製への切り替えによるコスト低減効果に着目し、今後の決算内容好転を期待して今回の設備資金の融資は実行させてもらいました。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算や債務超過の場合、どの取引銀行に借入申込みをすべきか


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算や債務超過の場合、どの取引銀行に借入申込みをすべきか

赤字決算や債務超過の会社の場合でも、資金需要が発生し銀行融資の借入を受けなければならないときがあります。
銀行融資を審査する立場から言えば、赤字決算や債務超過の会社には融資をしたくないというのが本音です。

他の記事でも述べていますが、銀行融資の審査の最大のポイントは、融資した資金がきちんと返済されるかどうかです。
この点からは赤字決算や債務超過の場合は融資した資金がきちんと返済される可能性は低いと考えられるからです。

だからといって赤字決算や債務超過の会社が黒字決算となるまで、あるいは債務超過が解消されるまで一切銀行融資の借入が出来ないとなれば、それはその会社の死活問題に関わりかねません。
したがって赤字決算や債務超過の会社も必要最低限の資金を銀行融資にて調達する必要があります。

どの取引銀行に借入申込みをすべきか?の答えは2つ

では赤字決算や債務超過の場合、いくつかある取引銀行のどの銀行に借入申込みをすればよいと思いますか?
どの銀行でも同じではないかと思われる方もいらしゃるかもしれませんが、私たち銀行員側から見て、赤字決算や債務超過の会社から銀行融資の申込みを受けた場合、むげに断れないケースがあります。
そのケースを理解してどの取引銀行に申し込むかは資金調達を確実にするために大切なことと考えます。

まずはメイン銀行に銀行融資の借入申込みをする

まず申込みをすべき取引銀行はいわゆるメイン銀行です。
以前と比べてメイン銀行の役割は軽くなっているとは言え、やはりメイン銀行には融資先の会社を支援すべき役割というものがあります。
私たち銀行員もメイン先の会社から融資借入の申込みがあった場合は、その会社が赤字決算や債務超過の状態であっても、その融資が会社継続のために必要不可欠なものである場合は、さすがにむげに謝絶することはしません。
何とか融資を行う方向で銀行内で審査を行います。

逆の言い方をすればメイン先でない会社から赤字決算や債務超過の状態で銀行融資の借入申込みを受けても、私たち銀行員は「メイン銀行さんに相談されましたか?」などと話をして遠まわしに借入申込みを断ることはよくあることです。

売上金を入金している銀行に融資借入の申込みをする

つぎに申込みすべき取引銀行としては売上金の回収口座として使っている銀行です。
メイン銀行の口座を売上金の回収口座として使用している場合は別にして、メイン銀行以外の銀行口座を売上金の回収口座として使用している場合もあると思います。
その取引銀行に銀行融資の借入申込みを行うのです。

この場合も私たち銀行員はむげに断ることが出来ないのです。
売上金を入金していただいている会社からの融資借入の申込みは可能な限り申し出に応じようと努力します。

赤字決算や債務超過の場合にはこのようにメイン銀行や売上金を入金している取引銀行にまずは融資借入の申込みを行うことが良策です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算の場合の銀行借入への影響


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算の場合の銀行借入への影響

決算が赤字となってしまう場合はどんな会社でもあります。
赤字決算となった場合は、銀行借入にどんな影響があるのか、間違った誤解をされている経営者の方もいらっしゃいますので、ここに説明します。

赤字決算の場合の新規銀行借入について

銀行の融資審査でもっとも重要なことは融資した資金がきちんと最後まで返済されるかどうかという点です。
融資した資金がきちんと最後まで返済されるか、回収できるかの判断はいろいろな観点から銀行は行うわけですが、その基本は決算書の数字です。

赤字決算の場合は、基本的には借入が返済できないことを表しています。
したがって赤字決算の場合の新規銀行借入は基本的には厳しくなります。
しかしながら銀行は赤字決算だからといって一切新規融資を行わないということもありません。
赤字決算の会社に銀行が新規融資を行う事例はいくらでもあります。

赤字決算の場合の銀行融資審査についての詳細はつぎの記事を参考にしてください。
→赤字決算の場合の銀行融資審査

赤字決算の場合の既存借入金への影響

赤字決算の場合、既に借入している銀行借入についての影響については、結構誤解されている経営者がいらっしゃいます。
それは一括で繰上返済を求められるのではないかという点です。

既存の銀行借入金について、きちんと約定どおりに返済しているにもかかわらず、赤字決算だからという理由で銀行が一括繰上返済を求めることは絶対にありません。
私は今まで20年以上銀行融資に携わっていますが、融資先の会社に対して赤字決算だからという理由で一括返済を求めたことは一度もありません。

銀行借入は1つの契約です。
例えば1,000万円を期間5年の60回の分割払いで毎月末に返済する借入を行ったとします。
これは1,000万円を期間5年の60回払いで返済するという会社と銀行との契約です。

借入する側から見れば1,000万円を期間5年の60回払いで毎月末に返済しなければならないということですが、銀行側から見れば毎月末に定められた金額をきちんと返済している融資先に対しては、途中で一括繰上返済を求めることは出来ないという意味もあります。

これを銀行用語では「期限の利益」と呼んでいます。
すなわち借り手はきちんと契約どおりに返済している限りは5年間は借入が出来る権利があるということです。

きちんと契約どおりに返済をしている会社に対して、赤字決算だからという理由で銀行が一括繰上返済を求めることは「契約違反」です。
ですから銀行は赤字決算を理由に一括繰上返済を求めることは出来ないのです。

ただし延滞をしていれば、それは借り手側の「契約違反」ですから、場合によっては期限まで借入出来るという「期限の利益」を失い、一括繰上返済を求められる場合はあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算の場合の銀行借入のヒント


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算の場合の銀行借入のヒント

どんな会社でも業績の波はあります。
ですから黒字決算のときもあれば、赤字決算のときもありあす。
銀行だって赤字決算、それも大幅な赤字決算の時期は最近までありました。

銀行の融資審査は総合的にその会社や自営業(個人事業主)の業績を判断しています。
ですから黒字決算だから融資を行う、赤字決算だから融資を見送るという単純な判断はしていません。

しかし赤字決算よりも黒字決算のほうが銀行審査上も良いことは間違いありません。
赤字決算の場合、銀行審査はやはり慎重に行われます。
それでも赤字決算の場合でも銀行融資を行うケースはいくらでもあります。

赤字決算で銀行融資を応諾する場合と謝絶する場合の分かれ道

では赤字決算の場合、どういう場合に銀行は借入申込を応諾し、あるいはどういう場合に借入申込を謝絶すると思いますか?
1つのヒントを説明します。

まずは借入申込を断る場合から。
私たち銀行員は赤字決算の場合、なぜ赤字になってしまったのか、そして今後は黒字転換するのかについて非常に関心を持っています。

ですから赤字決算の会社から借入申込を受けた場合は、赤字の原因と今後の対策、見込みについて詳しく知りたいところです。
そのことを会社の経営者のみなさんにお尋ねします。

しかしその答えが「不景気で売上が減少したから赤字になってしまった」「景気がよくなればまた黒字に転換する」といったものでは私たち銀行員は融資審査の稟議書に何も書くことが出来ません。
これではまったくの他人任せです。
赤字決算に対してどのように対応していくのかという経営者としての自主的な姿勢を見ることが出来ません。

これでは私たち銀行員は不安です。
融資したお金が返ってこないかもしれないとつい考えたくなります。
融資したお金が返ってこないと考えれば、借入申込はお断りすることになります。

赤字決算でも銀行融資に応じるケース

これに対して赤字決算の場合でも何とか借入申込に応じようとする場合。
ずばり赤字決算の原因をしっかりと把握し、何とか黒字化しようと自社内で出来る対策を検討している会社です。

不景気で売上が減少するのはやむを得ないことです。
不景気のという外部要因を受け止めて、それに対応するためにどのような自社として努力をしたのか、そして今後の対策をきちんと把握している姿勢を説明していただければ、私たち銀行員は融資審査の稟議書が書きやすくなります。

早期の黒字化しようと一生懸命な姿を示してもらえれば、銀行員も「黒字化するかもしれない」とついつい考えてしまいます。
黒字化する可能性があれば、融資したお金も返ってくる可能性が高くなります。

赤字決算の場合、銀行担当者に伝えるべきこと

赤字決算の場合は、
1.赤字決算にいたった原因を明確に説明すること
2.黒字決算に回復するために、自社の努力・対策を説明すること

この2点を銀行担当者に理解させてください。
そうすれば私たち銀行員は「何とか役にたとう。応援しよう」という気持ちになって融資審査の稟議書にも迫力がついてきます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算での銀行融資申込みでは他力本願ではなく自社の努力を示すこと


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算での銀行融資申込みでは他力本願ではなく自社の努力を示すこと

ある機械卸の中小企業より借入の申し出を受けた。
その企業の決算は決して大幅に悪くはないが、前期が若干の赤字で、かつ繰越欠損がある。

私は担当者に前期の赤字の要因と、今後の見通しとか業績の改善計画をヒアリングするように指示した。

後刻、担当者から「赤字の不景気が原因。
景気がよくなってもらわないと改善のしようがない」と当社から説明を受けたとの報告をもらった。

それでは融資の審査は前へは進まないから、当社としてどう対応していくのかを再度確認するよう指示した。

世の中が不景気で業績が悪くなるのはある意味当然だと思います。
景気がよくなれば、企業業績だって改善していきます。
これは中小企業に限らず、大企業でも同じこと。

しかしお金を貸す私たちの立場からすれば、景気が悪いから赤字になった、黒字になるには景気が回復しないと・・・と言われて融資が出来ますか?

不景気がこの後の続けば、ずっと赤字ということです。
これでは融資することなど出来ないですよね。

不景気が続けば、業績の回復が難しいことは理解できます。
しかしお金を貸せるようになるには、不景気だが当社としてはこういった対策をして、何とか業績の上向きに努力していくなどの前向きな姿勢が見えないと、お金を貸すことは出来ません。

例えば、経費の削減に注力するとか、役員報酬を引き下げるとか、会社として自力で業績回復の努力をする姿勢が見たいのです。

景気が良くなればという他力本願では融資をすることは出来ません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算転落の場合の銀行の対応


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算転落の場合の銀行の対応

年商10億円ほどの医療機器関連の卸売業。
ここ数年順調に決算は推移してきたが、今期は赤字見込み。

この会社とは取引も長く、極めて親しい間柄にあります。
社長さんも銀行との取引関係を大切に考える方です。

業績も順調に推移してきましたが、今期は赤字転落の見込みです。

今日、その社長さんが私のところに来られて、赤字の原因などを詳細に説明されてきました。

要するに今まで決算が黒字の時は、銀行の対応も良かったが、今期は赤字なので銀行の対応がどう変わるのかを探りに来たのです。

この会社は運転資金の需要が旺盛です。
その資金需要に対し、当行はほとんど社長の希望される通りに融資を実行してきました。

それが赤字転落によって当行の対応が変われば、資金繰りに大きな影響があり、そのことをすごく心配されているようです。

当行との良好な取引関係を維持するために、黒字決算をあえて続けてきた節も見て取れました。
ただ今期はどうやっても赤字転落が免れないため、事前に当方の顔色を見に来られたのです。
 
決算は黒字の方が赤字よりも良いに決まっています。

ただ黒字だから、赤字だからという単純な理由だけで、銀行は取引先企業に対する方針を大きく変えることはありません。

ご存知の方も多いと思いますが、銀行は融資先から決算書を入手すると、信用格付を取得しています。
簡単にいうと決算のランク付けを行っています。

このランク付けを行うにあたっては、決算が赤字か黒字かの項目の他に、自己資本の水準や借入金の水準、返済能力、資産の内容など、実に細部にわたって細かく分析しています。

決算が赤字か黒字かは、その細かく分析する項目のひとつしにかなりません。
もっとも決算が赤字な場合は、ランク付けを下げる働きはあります。
ただあくまで他の分析項目も含めてランク付けは総合的に判断しています。

決算が赤字の場合は、今日の社長のように赤字に至った原因を出来るだけ細かく、正直に銀行に説明されることをおすすめします。
ここはポイントです。

赤字が今期だけの一過性のものであれば、ほとんど問題はありません。
赤字がしばらく続くようであれば、今後どのように収益性を上げていく努力をしていくのかを、丁寧に銀行に説明されることをおすすめします。
これもポイントです。

銀行からもいくつか質問が来ると思いますが、それに対しても出来る限り丁寧に説明してください。

説明の相手方としてはまずは担当者ですが、担当者の理解度もまちまちですから、私のような課長職(中間管理職)や支店長クラスにも説明されておけば、安心です。

今後改善するという見込みがあり、それを銀行に理解させれば、赤字転落になったとしても銀行の対応にそれほど変化はありません。

たぶん以前の関係と何ら変わることはないと思います。

ただ一点、借入金利は多少高くなるかもしれませんが。

ポイントを繰り返します。
赤字転落に至っても、従前どおりの銀行取引の関係を保つには、赤字に至った原因を自ら銀行に説明しにいく。
今後の改善見込みや計画を説明することが大切です。

銀行も大前提として、融資先とは従来どおりの安定した関係を望んでいます。
その材料を提供してあげてください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算のとき銀行に伝えるべきこと


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算のとき銀行に伝えるべきこと

決算が赤字の場合、銀行からの新規借入は残念ながら難しくなります。
まったく借入が出来ないということではありません。
審査が今までとくらべて厳しくなるということです。

よく赤字決算の社長から「赤字だからこそお金が必要なんだ。銀行は晴れているときは傘は貸すけど、雨の時は傘を貸してくれないから」と言われます。

つい数日前も同じようなことを言われました。

銀行に対して愚痴を言いたくなる気持ちは分かります。
でもどれだけ愚痴や文句を言っていても銀行の態度は変わりません。

決算が赤字ということは損失を出しているということです。
損失を出しているということは、借金の返済能力がないか、あってもごくわずかということです。

銀行も民間の株式会社です。
株式会社である以上は利益を追求するのは、ある面当然の商業活動です。
借入金の返済能力がないのにお金を貸すのは、利益の追求という面からは相反することです。

では赤字決算の先にはまったく新規の融資に応じないかといえば、そうでもありません。
貸す場合と貸さない場合、この違いはどこにあると思いますか?

いろいろな見方はあるのですが、共通するのはただ1つ。
その会社の将来性があるのかどうかです。

今回は赤字でも来期には黒字転換が見込める場合は、銀行は審査の上、新規融資を行う場合が比較的多いです。

ですから赤字の場合は、まず取引銀行に説明すべきこととしては、
1.なぜ赤字になったのかの、赤字の要因をきちんと説明すること
2.その上で、黒字転換を図るべき社内的にどのような努力をしてい
るかを説明することです。

この2つをきちんと銀行に説明しない限り、銀行はまず新規融資には応じません。
逆にこの2つをきちんと銀行に理解させれば、その他の条件もいろいろ絡みますが、融資の検討をきちんと行うはずです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


赤字決算のとき


ホーム赤字決算・債務超過のとき>赤字決算のとき

どんな会社でも決算が赤字のときは必ずあります。
赤字決算の場合、銀行借入が無理だと諦めてしまう経営者の人もいますが、そんな必要はありません。

現に私は赤字企業に対しても、融資に応じているケースは決して少なくありません。

ではどうすればいいのか・・・。
それは赤字の原因を銀行に担当者に正しく理解してもらうことです。

例えばたまたまその決算期に一過性の損失があり、それが原因で赤字決算になったのであれば、今期の赤字はあくまでも今期に限った特殊なものであり、来期以降はその要因がなくなり、また黒字確保の見込みであることを正しく伝えることです。

よくある例としては、不良債権を処理したとか、不良在庫や不良資産を処理して、多額の特別損失を計上し、それがために赤字になってしまった場合です。

この場合、銀行が新規の融資に応じる可能性は高いと考えます。

つぎに赤字の原因が特殊な要因によるものではなく、恒常的な要因にある場合です。
今期のみならず、来期以降もしばらくは赤字決算になる可能性がある場合です。

この場合は赤字となってしまう恒常的な問題点をきちんと銀行の担当者に伝えてください。
そして、その改善策もあわせて担当者にきちんと伝えてください。
赤字の原因と今後の改善策をきちんと伝えることで、銀行の応援を得やすい状態にするわけです。

この場合、さきほどの例の、つまりたまたま赤字になってしまった場合と比べて、銀行の融資審査は厳しくなります。
新規の設備投資などの融資は困難になるかもしれません。

ただ赤字の場合は、一種の経営の立て直しが必要です。
その場合、資金が必要になる場合もあります。
また通常の運転資金も不足になる場合があります。
事業の継続のためには資金が必要です。
  
銀行に赤字の原因と今後の改善策をきちんと伝え、理解してもらえれれば、事業の継続に必要な資金は借入出来る可能性が十分にあります。

要するに赤字決算の場合は、黒字決算の場合にくらべて銀行とのコンタクトを密にしてください。
ポイントは赤字の原因と今後の改善策を正しく銀行に伝えて、そして理解してもらうことです。

赤字の場合は銀行に連絡することがおっくうになってしまうと思います。
でも考えている以上に銀行に柔軟に対応してくれると思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト