銀行融資審査マンの心理

ホーム>銀行融資審査マンの心理

実際に銀行融資の審査を行う担当者はどのような視点で、どのようなことを考えて審査を行っているのかをご案内します。

銀行融資審査はここを見ている
銀行融資審査はここを見ている その1自己資本
銀行融資審査はここを見ている その2売上のトレンド
銀行融資審査はここを見ている その3売掛債権残高の推移
銀行融資審査はここを見ている その4在庫水準
銀行融資審査はここを見ている その5本当は赤字ではないの?
銀行融資審査はここを見ている その6資産項目で増えているもの
銀行融資審査はここを見ている その7雑資産の水準
銀行融資審査はここを見ている その8他行の動向

銀行との取引状況
預金口座の利用状況も銀行融資審査に影響します
銀行融資担当者は口座の動きを見ています
入金待ちと与信管理
取引振りの悪化は銀行の融資姿勢を消極的にする場合があります
口座を使っていると融資審査で有利
商流が見えるとプロパー融資がしやすくなります
預金量は一次的返済能力のメルクマール
預金平残は信用与信額のバロメーター
借入のない銀行に預金が集中している取引先には・・・
取引振の重要性がますます高まっています

銀行融資判断の拠り所
信用保証協会の保証余力はあるか?
預金平残
法人オーナーの資産背景
担保余力

銀行融資と提出書類
銀行融資審査の基本は決算書の実績です
銀行融資に試算表は必須です
収支改善計画(業務改善計画)は具体的数字も示してください
継続的な決算書の提出を拒む取引先
決算書を継続して提出しない会社には以降の融資はしません
決算書の信憑性

銀行融資と業績との関係
業績のV字回復は素直に受け取れない
赤字なのに高額な役員報酬が続いている
借入金が年商の半分近くになったら考えるべきこと
融資審査においては業績のトレンドを見ています
銀行融資のリスクを取れる先とは
銀行融資の審査では財務状況をトレンドで見ています
融資可否判断のキーワード「調達余力」
金が続くかどうか
銀行融資審査は業績だけに依存は出来ない





融資先の状況
店舗別の収支を把握していますか?
会社の内紛状態と銀行
内紛がある先は「危ない会社」として解決するまで追加の銀行融資はしない
公私混同が目に余る先には融資を渋る
従業員の退社が目立つ会社に融資は出来ません
接客や電話応答が良くない会社には融資をしたくない
納期を守らない会社は危ない会社
ダンピングや出血受注を銀行員は嫌う
得意先(販売先)の安定しない会社は要注意
小口の支払いを手形で行うのは要注意
事務所やトイレが清潔ではないのは業績悪化のシグナル
外部情報機関の信用情報と銀行融資審査との関係

銀行融資の交渉
交渉現場への第三者の同席
資金繰りはいつまで持ちますか?

銀行融資の申込み
次の銀行融資までどれくらいの期間を空ければよいですか?
あまりに小額な融資の要請は引いてしまいます
3日前の融資依頼は無理

資金使途別銀行融資
設備資金の最低2割は自己資金を充当しているか
銀行融資の「後ろ向き資金」

銀行融資の種類に関すること
手形貸付から証書貸付への切り替え

銀行融資と経営者
銀行員は決算書で経営者の性格を見抜きます
社長がなかなかつかまらない取引先は要注意
社長となかなか連絡が取れない先には融資をしたくない
ワンマン経営は「危ない会社」の一面あり
従業員をけなす社長にはあまり融資をしたくない
「きちんと遅れずに返済しているではないか!」
銀行に足を運んで資金繰りの悩みをじっくりと相談してほしい

こんな先には融資をしたくない
株式投資好きが治らない
投融資残高が増えていると融資がしづらい
売上高だけの数字資料が出てくる会社





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%