銀行融資の受け方

ホーム>銀行融資の受け方

銀行融資の受け方の基本から方法論まで幅広くご案内しています。

銀行融資の受け方のコツ
銀行融資の受け方のコツ1 事業内容をわかりやすく説明する
銀行融資の受け方のコツ2 良いことばかりを言わない
銀行融資の受け方のコツ3 どうやって返済していくのか
銀行融資の受け方のコツ4 前年同期比を意識する
銀行融資の受け方のコツ5 試算表の重要性
銀行融資の受け方のコツ6 融資希望額を明確にする
銀行融資の受け方のコツ7 入出金取引を見せる
銀行融資の受け方のコツ8 良いことばかりを言わない
財務内容に問題があっても取引振りが良好な場合には融資を検討します
試算表を作っていると追加融資に有利です
銀行からスムーズに融資を受けるコツとして、信用保証協会の保証余力をある程度残しておく
年間の資金計画策定のすすめ
借入の口数を減らしましょう
借入が出来なくなったらどうするのですか?
受注対応の特例融資
プロパー融資と信用保証協会の保証付融資のセットで融資金額を広げる
運転資金融資の申込みには資金繰り表の作成がおすすめ
季節資金に資金繰り表はあった方がいい
長期運転資金の復元
年間の資金計画があると融資審査がしやすい
手許流動性を高める
銀行融資の急な申し込みは不利です
工事代金つなぎ資金の返済期日設定について
借入余力の簡単な見方

設備資金
支払済みの設備資金は原則として融資が出来ません

必要書類
資金繰り表はぜひ作成いただきたい資料です
銀行から履歴書の持参を求められました
複数の店舗を運営している場合には店別の収支状況を準備してください
試算表を作成していない場合、最低でも月商の推移を
試算表は半年前のものしかない
試算表の作成時期が遅すぎる
不動産プロジェクト融資相談には既存のプロジェクト一覧が必須
工事代金回収までのつなぎ資金を借りたい
工事つなぎ資金融資に資金繰り表は必須です
受注明細を作成しましょう
受注明細
決算書には残高証明書をつける

融資額
融資額を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?

銀行融資交渉時の留意点
銀行からの質問は些細なことでも丁寧に回答してください
銀行員への技術力の説明の仕方
借入枠というものは存在しません
税理士任せは考え物です
経営改善に向けた自助努力の姿勢は融資支援に必要です
財務内容が良くなくても無担保融資が可能な先
資金繰りが苦しい場合には取引銀行のシェアに応じた融資をお願いする
不動産短期プロジェクト融資にはバリューアップが必要
収益物件購入時の収支シュミレーション
銀行融資返済のための資金を借りたい
許認可事業を認可を取らずにやっている

返済期間
銀行の長期融資の返済期間設定について
銀行融資の期間は短期よりも長期で借りる

制度融資
制度融資の利用前には比較検討を

審査期間
銀行に融資の申し込みをして実際に融資が降りるまでの期間はどれくらいかかりますか?

これは銀行融資にマイナス
本業外への投資が多いのは銀行融資にマイナス
関連会社間での資金の融通があるのを銀行は嫌う
執拗な金利交渉は安定的な銀行融資にはマイナス
代取宛の多額の貸付金は銀行融資にマイナス
試算表を作っていない
切迫した融資相談は避けましょう
お金が足らなくなると融資を申し込む石材工事業者

その他
今後のために今から銀行より融資を受けて信用を付けておいたほうが良いですか?
今は融資は要らない
銀行融資をいつ受けるか

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス