事例別銀行融資の相談方法

事例毎の銀行融資の相談方法をまとめました。
該当の記事を参考に銀行に融資の相談を考えてください。

運転資金

売上が増加して運転資金が足りない
売上が増えている時に妥当な融資相談額は?
売上減少のため融資で資金繰りを安定させたい
借入金の返済負担が重く運転資金が足りない
今後に備えて手許資金を厚くしておきたい
税金を納付するためにお金を借りたい
従業員にボーナスを払うために融資を受けたい
売上金の入金遅れで資金繰りに支障
運転資金借入の返済が進んだのでまた融資を受けたい
まとまった工事受注で資金の立替が心配
代金回収までのつなぎ資金を借りたい
飲食業で運転資金を借りたい
不動産業で運転資金を借りたい
いつでも融資が受けられるように融資枠を設定したい
来年度の資金は今年度の確定決算が出てから
赤字決算の場合、どのようにして銀行融資を相談するか?
新規事業の立ち上げにために融資を受けたい

設備資金

設備資金借入の返済が重い
新たな店舗を出店するための銀行融資
収益物件の購入資金を借りたい

不動産融資

中古住宅のリノベーション資金
投資家向け販売用の不動産を購入したい
販売用不動産購入案件とリフォーム規模の関係
不動産取得融資の期間は建物の法定耐用年数の範囲内

更新日:

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.