銀行融資の基本

運転資金が検討しづらい決算書

ホーム運転資金に関すること>運転資金が検討しづらい決算書

運転資金は銀行融資の代表的なものですが、運転資金が融資しづらい決算書というものがあります。
これは決算が黒字か赤字かに関係なく共通して運転資金が融資しづらいのです。
ではどういうものかというと、具体的な下記の決算書の貸借対照表の抜粋をご覧ください。

売上債権 15,392 買入債務 76,442
在庫 9,458
自己資本 -39,558

この貸借対照表から必要な運転資金金額を算出することが出来ます。
その算式は売上債権+在庫ー買入債務です。
上記の例に当てはめてみると、
15、392+9、458ー76、442=ー51、592
となります。

所要運転資金がマイナスということはこの会社は運転資金が不要だということです。
運転資金が不要であるにもかかわらず、銀行が運転資金融資を検討することはどうしても難しくなります。
ましてや、この例ですと運転資金が必要な本当の理由は支払いが遅れている買入債務の支払いに当てるため、あるいはそもそも赤字であるために資金がなくそれを補填するためといった後ろ向きな要因が考えられます。
とてもハードルが高い融資案件だと言えます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.