銀行融資の基本

銀行融資を受ける時に使途を証明する書類の提出は必要ですか?

設備資金は必ず必要

銀行融資は大きく運転資金と設備資金に分けることが出来ます。
運転資金は仕入資金や人件費などの経費などですが、運転資金の融資を受ける時には特段何に使うのかを証明する書類の提出は不要です。
ただ資金繰り表などの提出を求められる場合はあります。
一方で設備資金、例えば車両の購入資金や開店資金、改装資金などの場合には見積書や契約書など使途を証明する書類の提出が必要となります。
設備資金融資は銀行も使途を厳格に管理していますから、使途を証明する書類の提出は必須です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.