資金繰りの極意

更新日:

資金繰りの極意とは

資金繰りの極意・・・。
それは資金がマイナスとなる時期を前もって把握し、銀行融資などの資金調達にて資金ショートを未然に防ぐことです。

資金ショートの時期を把握することが資金繰りの極意

資金繰りの極意は決して常に資金がプラスになるように計画することではありません。
事業を行っていると必ず資金がショートしてしまう場面がやってきます。
その時に何の手立ても出来なければ、その時点で事業は破綻してしまいます。
前もって資金ショートする時期を把握し、きちんと資金手当てを講じること。
これが資金繰りの極意です。
数日前に資金ショートする時期を把握しても時間が足りません。
1ヶ月、2ヶ月、出来れば3ヶ月前に資金ショートの発生を把握することが大切です。

資金ショートの時期を把握するには

前もって資金ショートする時期を把握するにはどうしたら良いか。
それには可能な限り詳細な資金繰り表を作成することがポイントです。

・売上金はいつ現金として手元に入ってくるのか?
・入金が遅れている売上金はないか?
・いつ支払いをしなければならないのか?
・税金など毎月発生しない費用はいつが支払時期なのか?
・売上の入金、支払の予測には季節的な要因なども考慮しているか?

そして月次で入金額から支払額を差し引きそれがマイナスとなった場合、手元資金でカバー出来るのかどうか?
月次の資金繰りがマイナスとなっても、手元資金でカバー出来るのであれば資金ショートは発生しません。
手元資金でカバーしきれなくなった場合が資金ショートが発生する時期です。

資金ショートの発生時期を把握したら、今度は銀行融資などを利用してその不足分をカバーする手立てを講じなければなりません。
手立てが出来れば資金ショートを気にする必要なく事業に注力することが出来ます。
このように資金繰りの極意は資金ショートする時期がいつなのかを正確に把握することなのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-資金繰りの悩み事例
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.