銀行融資の基本

母の弟の会社が倒産し、母が連帯保証人になっています

質問

母の弟の会社が先日倒産しました。
会社は銀行融資を受けており、母が住んでいる家(弟との共有名義)が担保になっており、また母は連帯保証人になっています。
母にどんな負担が来るのがすごく心配です。

回答

お母さんは連帯保証人ということですから、まずは借入先の銀行から融資金額全額の返済を求められます。
おそらくお母さんの弟も連帯保証人になっているはずですが、お母さんと弟で融資金額の半分ずつを銀行から請求されるのではなく、融資金額全額が請求されます。
連帯保証人というのはそれほど義務が強い性格なのです。
なお家ですが、銀行など普通の金融機関からの借入の場合はすぐに競売などの措置が取られることはないはずです。
まずは連帯保証人に請求して、連帯保証人から分割などの方法で返済が見込まれれるのであれば、銀行等はいたずらに競売の方法を取ることなく、連帯保証人からの回収を優先するはずです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.