銀行融資の基本

はじめての銀行借入はどこに相談すればよいですか?

民間の銀行で事業資金の借入をはじめて行うにあたり、どこに相談すればよいのか迷うところだと思います。
管理人の実務経験からはじめて銀行融資の借入を検討する多くの会社や個人事業主は、近くの地方公共団体(市役所など)や商工会議所、商店会組織などに相談されるケースが多いように感じています。
役所で融資のあっせん書を入手し、それを持参して銀行に融資相談に訪れるパターンが経験上多いのです。

しかし市役所で融資のあっせん書を入手しても、それで銀行融資がOKとなったわけではありません。
市役所などはあくまでも融資をあっせんするだけで、実際に融資を行うか否かの審査を行うのは銀行自身です。
管理人の実務経験でも市役所などからのあっせん書を持参されても、その後の銀行融資審査でお断りするケースが少なくありません。
したがって管理人がおすすめする相談先は、実際の審査を行う銀行そのものにダイレクトに相談するのが一番だと考えています。
時間の節約にもなります。

ただある程度の情報は事前に仕入れておくべきです。
情報というのは低利で有利な融資制度の情報です。
市役所のホームページや各種団体のホームページにて有利な融資商品を頭に入れておきましょう。
何の事前準備もなし銀行に相談に行った場合、銀行の都合のよいような融資をすすめられるかもしれませんから。

そしてもう1つ。
どの銀行に相談にいくかです。
これは銀行の規模よりも、ご自身と何だかのつながりがある銀行に相談されることをおすすめします。
個人的に口座を持っている銀行でもOKです。
口座もない顧客からいきなり銀行は融資相談されることを警戒します。
個人的にでも口座を持っていれば、その銀行は「個人口座があるからうちに相談に来たんだ」と納得するところがあるのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.