銀行融資の基本

連帯保証人本人が死亡した場合の家族の負担について

ホーム銀行融資と保証人>連帯保証人本人が死亡した場合の家族の負担について

◆質問
会社が銀行融資を受けていて、連帯保証人になっている人が死亡し会社が倒産した場合、連帯保証人の家族に負担はやってくるのでしょうか?

◆回答
連帯保証人が負っている保証債務は連帯保証人に死亡とともに、その相続人に相続されます。
会社が倒産し銀行融資の返済が困難となった場合には、相続人に保証債務の履行、つまり返済が請求されることになります。

なお一般的に相続には相続放棄とか限定相続など相続人を保護する制度もあります。
相続放棄や限定相続については下記の「関連記事」をご覧ください。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.