銀行融資の基本

複数の店舗を運営している場合には店別の収支状況を準備してください

ホーム銀行融資の受け方>複数の店舗を運営している場合には店別の収支状況を準備してください

複数の店舗を運営している場合には、銀行としては全体の収支状況のほかに店別の収支状況を知りたいところです。
店舗の中にはきちんと採算が取れているところもあれば、赤字となっている店舗もあるはずです。
すべての店舗の採算が取れているケースは稀で赤字の店舗も存在するのが自然だと思います。

銀行は赤字の店舗があるからダメだということではなく、店舗ごとの収支状況をきちんと経営者が把握し、その対策を検討しているかどうかを知りたいのです。
また赤字の店舗によるマイナスをカバーするために、無理に新規出店を重ねていないかどうかも見ています。

赤字の店舗があるとどうしても銀行に提出したくない、という考えが浮かぶと思いますが提出しないのはむしろマイナスです。
情報開示に非協力的な先には銀行の融資スタンスは厳しく保守的なものとなります。
むしろ赤字店舗の存在を認めつつ、積極的に情報開示をした方が有利です。
内部的には店舗別の収支状況を把握していても、銀行に開示しないことで銀行は「店舗別の収支状況を把握していないのではないか?」といって疑念を持つようになります。
これでは銀行の積極的な支援は期待出来ません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.