銀行融資の基本

資産と負債の記入欄が保証人情報の中にありどうするべきか迷っています

ホーム銀行融資と保証人>資産と負債の記入欄が保証人情報の中にありどうするべきか迷っています

質問

先日、銀行より融資の提案がありました。
何度もこられていることもあり、メインバンク以外で、初めて融資を受けることになりました。
すでに決算書も提出し、保証人情報の資料の提出を求められています。
保証人は私と父です。
父が会長、私が社長です。
条件などすべて父と銀行で話が決まっています。
私は社長として保証人になる形です。
会社、会長には全く問題ないと思いますが、私は個人的に消費者金融から250万ほど借り入れがあります。
資産と負債の記入欄が保証人情報の中にあります。
どうするべきか迷っています。
会社や身内にばれるのは、覚悟すべきですか?また、何かよいアドバイスがあればお願いします。

回答

個人信用情報機関に照会を行うには事前に本人から書面による同意を求めます。
そのような書面を提出されたことはございますか?
個人信用情報に照会を行わないとすると、その銀行がご質問者さまの借入状況を客観的に知ることはありません。

銀行は融資先毎にお医者さんのカルテに相当する各種ファイルを作成します。
そのファイルのなかには保証人情報も含まれます。
今回の銀行とは初めての融資取引ということですから、取引開始にあたりそのファイル作りのために保証人情報のヒアリングをしているものと考えられます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.