銀行融資の基本

銀行取引約定書の締結時期について

ホーム銀行融資の基礎>銀行取引約定書の締結時期について

多くの法人や個人事業主は事業に必要な資金を銀行から融資を受けて調達をしています。
そして銀行から初めて融資を受ける際には銀行取引約定書と呼ばれる基本約定書を締結することになります。

ところで銀行取引約定書の締結時期は実務上は具体的な融資契約(金銭消費貸借契約など)と同時であることがほとんどです。
原則論から言えば、銀行取引約定書をまず締結し、その後に具体的な融資契約を行うことになります。
銀行取引約定書は融資取引における包括的な契約の意味がありますから、まず最初にこちらを締結し、その後に個別具体的な融資契約を行うことになるのです。

しかし銀行実務においては銀行取引約定書の締結と具体的な融資契約を同時に行うことが大半です。
これは単なる手間暇の問題です。
銀行取引約定書の締結と具体的な融資契約を別々の日に行えば、それだけ双方の手間暇が増えます。
それを避けるために銀行取引約定書の締結と具体的な融資契約を同時に行う手続きが大半を占めています。

なお銀行取引約定書の締結は初めて融資取引を行う時に一回だけ手続きを行います。
その後の追加融資時においては、具体的な融資契約のみで銀行融資が実行されます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.