銀行の本音

売上の減少で銀行融資の返済条件を変更したいのですが・・・

銀行融資の返済は融資時に契約した返済条件に従って返済していかなければなりません。 しかしながらその後の事業の状況変化などにより、契約時に定められた返済が困難になる場合があります。 その代表的なケースが ...

銀行との交渉を弁護士や税理士と一緒に来るのは・・・

ほとんどお客さんは融資の相談にお一人で来られるのですが、たまに弁護士や税理士などと一緒に融資相談に来られるケースがあります。 このように弁護士や税理士と一緒に融資相談に行った場合の銀行の受け止め方につ ...

条件変更(リスケ)の期間

返済条件変更(リスケ)は業績の悪化で資金繰りが苦しい時に銀行宛の融資返済額を減らし資金繰りを改善する有効な方法です。 ところで業績改善には3年ほど要する見込みであるため3年間の返済条件変更(リスケ)を ...

銀行融資のリスケ(条件変更)相談

融資の返済が苦しい時に返済額を軽減する方法があります。 これを返済条件変更、俗にリスケと呼んでいます。 ここでは返済条件変更(リスケ)の相談ポイントを説明します。 返済条件変更(リスケ)とは リスケ・ ...

借入金の返済が苦しい時

 

売上の減少や赤字などの状況になってくると資金繰りがきつくなり借入金の返済が苦しくなってきます。 そのような時にどのように対応すれば良いのかを説明します。 今抱えている銀行借入の返済が苦しい場合、どうし ...

自治体の制度融資はやりたくない

地域の中小企業等に支援する1つとして自治体が設けている低金利で有利な条件の制度融資があります。 しかし銀行の本音としてはこの制度融資は取り扱いをしたくありません。 その理由を説明します。 銀行は儲から ...

自治体の有利な制度融資が利用できない

地域の中小企業等を応援することを目的として各地域の自治体では独自の制度で低金利など有利な条件の融資制度を作っています。 しかしこの有利な制度融資は必ず利用できるとは限りません。 自治体の制度融資は10 ...

代表取締役が自己破産した場合、銀行融資は信用保証協会から代位弁済されてしまいますか

会社が銀行から信用保証協会の保証付融資を利用している状態で、その会社の代表取締役が自己破産した場合、会社は信用保証協会から代位弁済されてしまうのかどうか、つまり代表取締役が自己破産した場合、信用保証協 ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5