資金使途

運転資金は運転資金として使って下さい

運転資金とは 銀行が行う融資の多くは資金使途が運転資金です。 運転資金に含まれるものの代表例としては、 仕入資金・材料費・外注費・人件費・家賃・水道光熱費 などです。 つまり事業を行うにあたって日々必 ...

資金使途の重要性

資金使途の確認は融資審査の入り口 銀行はお客様より融資の相談を受けたとき、まず第一に確認することは何に使う目的の資金なのか、つまり資金使途です。 銀行が行う融資の資金使途は数種類があります。 代表的な ...

本当は返済が苦しいのではないですか?

銀行は融資先から運転資金の融資相談を受けた際に、本当に運転資金として使うのだろうか?、運転資金としての妥当性はあるのだろうか?などといった視点からも融資審査を行っています。 つまり表面的には運転資金の ...

設備資金の借入を目的外に使ってしまった

銀行融資の代表的なものは運転資金と設備資金の2つです。 設備資金というのは工場を建設するとか店舗を改装するなど設備投資に必要とする資金に対応する銀行融資です。 この設備資金を設備投資に使わずに例えば仕 ...

どんな目的の融資を受けられるの?

銀行や信用金庫などの金融機関からはどのような内容であれば融資が受けられるのか、どんな内容の資金でも融資が相談できるのか、その素朴な疑問にお答えします。 銀行融資の対象は事業に関係するもの 銀行からはど ...

どうして融資が必要なのか、使途を明確にしましょう

「お金が必要で融資を受けたいのですが…」「どういったお使い道ですか」「えっと、いろいろ入用で」。 時々、銀行に融資の相談に来られた方とよくあるやり取りなのですが、結論から申し上げてこのやり取りでは融資 ...

会社の余剰資金を社長名義で運用

ある道路工事の会社の例です。 この会社は業績が安定しており資金繰り状況も良好でした。 取引銀行からの提案もあり必要性が乏しい銀行融資も受けていたこともあり、およそ1億円程度の余剰資金がありました。 こ ...

社長の増資資金を会社に貸してほしい

増資を計画している会社があり社長がその会社の株式を買い増しする予定であるとのこと。 ただ社長には株式の購入資金を手元には十分に持ち合わせていないために会社に融資をしてもらってそれを社長に貸付したいとの ...

手許流動性を高める

銀行融資は運転資金とか設備資金、賞与資金、納税資金などのように資金使途を定めて融資を行うが原則です。 この中で設備資金、賞与資金、納税資金は資金使途が明確になっていますが、運転資金はそれほど資金使途が ...

銀行融資に提出する領収書について

工場で使用する機械を購入する、店舗に内装工事を行うなどいわゆる設備投資に伴う資金は銀行融資の対象となります。 そして設備資金として銀行融資を受ける際にはあらかじめ、必要な金額が明記されたもの、例えば見 ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5