返済条件変更

no image

債権者と債務者との間で行う返済条件の変更等は、連帯保証人の承認を得ることが必要ですか?

ホーム>返済条件変更(リスケ)>債権者と債務者との間で行う返済条件の変更等は、連帯保証人の承認を得ることが必要ですか? 連帯保証人にとって不利益になる場合には連帯保証人の承認が必要です。 銀行の融資実 ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの要請は経営者自らが行う

リスケ要請の他人任せはダメ リスケの要請を銀行に行う場合、決して第三者を同席させてはいけません。 経営者自らが自らの口で銀行にリスケの要請をしなければなりません。 たまにですが経営者に代わり、あるいは ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの不利益を知っておく

リスケの不利益を知っておく リスケは銀行側にとっては不利な条件変更ですから、銀行側からいくつかのペナルティを受けます。 返済条件を緩和し、事業を継続・再生するためにある程度やむを得ないことと理解してい ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの要請期間は6ヶ月とする

6ヶ月が相場 銀行がリスケに応じる場合、そのリスケの期間としては当面の6ヶ月とするのが相場です。 この6ヶ月間に事業の状況を見て、必要があればリスケの期間を延長するのが常道なのです。 リスケを要請する ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き 借入がある取引銀行すべてに平等の条件でリスケの要請を行う

全ての取引銀行に相談 リスケの要請においては借入がある取引銀行すべてに対して平等の条件を提示することが大切です。 取引銀行のうち特定の銀行だけにリスケの要請を行うことは不可です。 また複数口の銀行融資 ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き 現段階で銀行融資の返済に充当できる金額を明示する

いくらなら返済出来るのか 返済が苦しくなったとして、いくらなら銀行融資の返済に充てることができるかを伝えることも必要です。 現状においてもこの程度は返済に回すことができるということを伝えることで、銀行 ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き 返済が苦しくなった理由と今後の見込みを説明する

最初に説明する事柄 リスケにおいては返済が苦しくなった理由をまず説明する必要があります。 これはさきほどの必要書類でご案内した試算表をもとに現状の説明をすることで返済が苦しくなった理由を伝えることがで ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケ要請にあたっての準備書類

リスケ相談時の4つの書類 リスケの要請を行うと銀行側からいくつかの資料の提出を求められます。 銀行側から求められた資料はなるべく早期に提出することがリスケ手続きを円滑に進める上でポイントとなることです ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケ要請の成否の90%はたった1つの行為で決まる

「すぐに相談する」が成功の第一 リスケ要請の成否の90%はたった1つの行為で決まります。 それは、 「返済が苦しいと感じたら迷わずすぐに銀行に相談する」 ということです。 返済が苦しいと感じても何とか ...

no image

銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き はじめに

銀行融資の返済が苦しくなったとき、何の対応もせずに放置しておくと銀行融資の返済が出来なくなる、つまり延滞が始まってしまいます。 延滞が始まれば銀行から督促を受けることになり、最悪法的措置を受け事業の継 ...

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.