融資決裁ラインとの面識を持つと有利

投稿日:

日頃は担当者と話をしているが・・・

銀行は融資先には原則として担当者を付けています。
したがって日頃はこの担当者と話をすることが多いでしょう。
担当者より融資などの提案を受けたり、逆に融資の相談をしたい場合にはまずはこの担当者に連絡をすることになると思います。
このこと自体は自然なことでありなんら問題はありません。
ただもしその銀行とは担当者としか面識がなければ今後のことを考えて一つ工夫することをおすすめします。

融資決裁ラインの人との面識を持つ

その工夫とは担当者以外の融資決裁ラインの人との面識を持っておくことです。
銀行の融資判断は当然担当者だけで行われるものではなく、営業担当者の上司や融資管理職、次長(副支店長など)、そして最後に支店長(部長)の決裁を経て融資が行われます。
したがって担当者以外のこれらの融資決裁ラインの人々との面識を持っておくことをお勧めします。
銀行の融資判断はマニュアル的なものはありますが、法人や個人事業主向けのいわゆる事業資金融資は最後はこれら融資決裁ラインの人々の判断で行われます。
支店長(部長)や融資管理職も所詮は「人」ですから、会ったこともない先への融資にはどうしても慎重になってしまいます。
逆に面識があれば「あの社長なら大丈夫」などと考えることも少なくないですし、そもそも顔を知っているとの知らないとではやはり融資判断に差が出てきます。
担当者に「一度上司や支店長に挨拶をしたい」などと申し入れをすれば、容易に面識を持つことが出来ます。



-銀行とのつきあい方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.