銀行融資の基本

銀行の一次審査と二次審査とは?

 

融資稟議書の流れ この図は銀行内で行われている融資稟議においてその稟議書はどのような回付されているかを示したものです。 担当者が起案した稟議書をまずは直属の上司である営業課長に回付します。 営業課長が ...

運転資金は運転資金として使って下さい

運転資金とは 銀行が行う融資の多くは資金使途が運転資金です。 運転資金に含まれるものの代表例としては、 仕入資金・材料費・外注費・人件費・家賃・水道光熱費 などです。 つまり事業を行うにあたって日々必 ...

初めての銀行融資はどこに相談にいくべきか

はじめて銀行から融資を受けようと思う時にはいろいろと心配することがあると思いますが、今回はどの銀行に相談に行くべきかについて考えていきます。 銀行員の反応 この図は見知らぬ会社や個人事業主の方が銀行に ...

資金使途の重要性

資金使途の確認は融資審査の入り口 銀行はお客様より融資の相談を受けたとき、まず第一に確認することは何に使う目的の資金なのか、つまり資金使途です。 銀行が行う融資の資金使途は数種類があります。 代表的な ...

事業計画は控えめな水準で相談しましょう

起業するとか新しい事業を開始する際に銀行への融資相談資料として事業計画書というものがあります。 事業計画書の目的は銀行にこれから始めようとしている事業の概要を説明するとともに、予定している売上収益計画 ...

設備資金の借入を目的外に使ってしまった

銀行融資の代表的なものは運転資金と設備資金の2つです。 設備資金というのは工場を建設するとか店舗を改装するなど設備投資に必要とする資金に対応する銀行融資です。 この設備資金を設備投資に使わずに例えば仕 ...

運転資金除きの返済可能期間が大切

返済可能期間を把握しましょうでは現在のすべての借入金を現在の収益力が続くとして何年で返済出来るかを案内しました。 このすべての借入金を返済出来るのに何年かかるのか把握は、その会社の収益力や借入金水準の ...

借入の本数は少なくしましょう

資金繰りを圧迫する原因の一つに毎月の借入金の返済があります。 借入金の返済額は借入金額と借入期間によって決まります。 当然なことですが、借入金額が多いほど返済額は大きくなりますし、借入期間が短いほど返 ...

担保はないが銀行から融資は受けられますか?

 

銀行から融資を受けるには担保が求められる、担保がないから融資は無理だと考えていらっしゃる方が意外に少なくありません。 無担保で銀行から融資が受けられるのは上場企業など大企業の話であって、中小零細企業で ...

飲食業からの運転資金相談に対する銀行員の目線

飲食業向けの銀行融資の代表バッターは新規店舗の出店資金や店舗の改装資金などいわゆる設備資金融資です。 もっとも飲食業向けの運転資金融資ももちろんあります。 しかし運転資金に対しては銀行員はどちらかとい ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5