銀行融資の基本

消費者金融からの借入と事業資金融資

質問

個人事業を以前行っていました。
その当時は日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)から事業資金の融資を受けていました。
その後、商売をやめる際に消費者金融からの借入により日本政策金融公庫からの融資を一括返済しました。
消費者金融からの借入は今も残っています。
再び個人事業を始めることを計画しています。
立ち上げ時の運転資金の融資を希望しています。
相談する際には消費者金融からの借入があることを正直に申告した方が良いのでしょうか?

回答

事実として言えることは消費者金融からの借入があることを知って、金融機関としてはなかなか融資がしづらいのが実態です。
管理者の実務経験から申し上げますと、やはり個人事業主の方が消費者金融からの借入があることを申告された上で、銀行融資の相談を受けました。
信用保証協会の保証が得られることを条件に融資の検討を行い、信用保証協会の保証審査に回付しましたが、信用保証協会からは「消費者金融からの借入を事前に一括返済することが保証の条件です」との回答。
その旨を相談された個人事業主の方に申し上げましたが、一括返済は難しく、結局のところ信用保証協会の保証が得られず、当方も銀行融資をお断りした経緯があります。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.