銀行融資の基礎 銀行融資審査のポイント

更新日:

融資審査の中身

銀行の融資借入の申込みを行った場合、一番気になるのはやはり申込みが通るのかどうかというところだと思います。
申込みを受けた銀行では一体どのように融資審査を行っているのか?
気になりますよね。
銀行の融資審査においてはさまざまな観点から審査を行っていますが、もっとも大切な審査ポイントは
1.返せるのか
2.何に使うのか

の2点です。

融資審査のポイント

銀行の融資審査においては、上記2点のほかに担保とか保証人、利率などいろいろな基準がありますが、上記2点がクリアにならなければ銀行融資の審査が通ることはありません。
例えばどれだけ担保があっても、あるいはどれだけ資産を持っている保証人を立てても、
1.返せるのか
2.何に使うのか
の2点がクリアにならなければ、銀行融資審査が通ることはありません。

債務償還年数

返せるのかどうかの判断ポイントは黒字決算なのか、赤字決算なのかといったことに加えて、債務償還年数が大きなポイントです。
少し乱暴ですが債務償還年数が10年以内であれば、返せる可能性が高い。
逆に債務償還年数が10年超であれば、返せる可能性が低いと考えています。

資金使途も大切

何に使うのか、つまり資金使途も大切な審査ポイントです。
銀行融資は運転資金とか設備資金など事業に関係のある資金に原則限られます。
これはさきほどの「返せるのか」の審査ポイントにも大いに関係があることですが、事業に関係のある融資は返済出来る可能性が高いのです。
一方で事業に関係のない融資、例えばゴルフ会員権の購入資金などの投資資金は利益を直接生み出すものではありませんし、資金繰りを圧迫する大きな原因の1つです。
このような融資金は返済されない可能性が高いのです。

銀行融資の借入を申し込むに当たっては、返せるのかどうかは銀行自身が判断することですが、少なくとも何に使うのか、そしてなぜ必要なのかはきちんと銀行担当者に伝えることが大切です。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基礎
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.