審査

銀行員の融資審査目線-他の銀行の状況

 

銀行の融資審査はいろいろな項目を見ていますが、今回の他の銀行との取引状況が融資審査にどのような影響を与えるのかを説明します。 まずは借入金の水準を確認 借入金についてはまずその水準がどの程度かというこ ...

銀行員の融資審査目線-借入金の実態資金使途

銀行員は損益計算書よりも貸借対照表を重視していることを耳にしたことはありませんか? 決算が黒字か赤字かよりも実は銀行員が注視していることがあるのです。 それは借入金の実態資金使途です。 借入金の実態資 ...

銀行は実質利益を見ている

 

銀行での融資審査の多くは決算書の分析による返済可能性について重点を置いています。 決算書の1つである損益計算書について少し乱暴ですがシンプルにかつ極論を申し上げれば黒字であれば返済可能性がある、赤字で ...

銀行融資を受けられるまでの時間

 

銀行に融資の申込をしてどのくらいの時間で融資が受けられるのでしょうか。 融資の申込をしてから融資が受けられるまでの時間はケースバイケースで決まったものはありませんが、おおむねどのくらいの時間がかかるの ...

銀行員が見ている損益計算書の「利益」

利益が黒字なのか赤字なのかによって銀行の融資審査のハードルが一般的に異なってきます。 もちろん黒字の方が赤字よりも一般的には審査のハードルが低いです。 ところでこの利益ですがお客さんは黒字だと考えてい ...

社長との間に貸付金や借入金があると融資に不利か?

 

建設業を営む会社の社長から社長宛に貸付金があったり、逆に会社が社長から借入金があると銀行からの融資を受けるのに不利かどうかの質問を受けました。 銀行の融資審査現場ではどのような判断をするのかを説明しま ...

移転や修理が理由で赤字となっても銀行融資は大丈夫ですか?

事務所の移転費用で赤字になってしまう 「事務所を移転し、かつ移転先の内装・修理費用が嵩んでしまい、そのために今期の決算が赤字になりそう。赤字になると銀行の融資は厳しいと聞いているが大丈夫かどうか・・・ ...

銀行の一次審査と二次審査とは?

 

融資稟議書の流れ この図は銀行内で行われている融資稟議においてその稟議書はどのような回付されているかを示したものです。 担当者が起案した稟議書をまずは直属の上司である営業課長に回付します。 営業課長が ...

赤字だが運転資金の融資を受けたい

おわかりだと思いますが、赤字ということはお金に置き換えると入ってくるお金よりも出ていくお金の方が多いということです。 出ていくお金の方が多いのですから手元の資金はだんだんと減っていき、資金繰りを維持す ...

赤字決算を何回すると融資が難しくなる?

赤字決算に対する銀行員の印象 銀行では融資の申し込みを受けた場合、その都度、審査を行っていますがこの審査可否判断の究極のところは貸したお金が返ってくるかどうかです。 融資先の返済能力をいくつかの視点か ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5