融資審査マンの見方

融資の審査がテーマです。
融資担当の銀行員が審査する側の立場からの情報提供やこのようにすれば審査が通りやすくなるといった助言を行っています。

銀行員の融資審査目線-他の銀行の状況

 

銀行の融資審査はいろいろな項目を見ていますが、今回の他の銀行との取引状況が融資審査にどのような影響を与えるのかを説明します。 まずは借入金の水準を確認 借入金についてはまずその水準がどの程度かというこ ...

銀行員の融資審査目線-借入金の実態資金使途

銀行員は損益計算書よりも貸借対照表を重視していることを耳にしたことはありませんか? 決算が黒字か赤字かよりも実は銀行員が注視していることがあるのです。 それは借入金の実態資金使途です。 借入金の実態資 ...

銀行は実質利益を見ている

 

銀行での融資審査の多くは決算書の分析による返済可能性について重点を置いています。 決算書の1つである損益計算書について少し乱暴ですがシンプルにかつ極論を申し上げれば黒字であれば返済可能性がある、赤字で ...

銀行融資を受けられるまでの時間

 

銀行に融資の申込をしてどのくらいの時間で融資が受けられるのでしょうか。 融資の申込をしてから融資が受けられるまでの時間はケースバイケースで決まったものはありませんが、おおむねどのくらいの時間がかかるの ...

「借りられるだけ借りたい」はもっともまずい融資申込方法です

時々あるのですが融資の申込をされるお客さんから「借りられるだけ借りたい」と言われることがあります。 しかしこの「借りられるだけ借りたい」というのは銀行からするともっとも構えてしまう融資申込の1つです。 ...

銀行融資の申込のコツ 資金使途について

銀行がお客さんから融資の相談を受ける際に、資金使途に関して困ることがあります。 何が困るのかを説明するとともに、銀行に融資を申し込む場合のコツについて説明をします。 融資の目的がはっきりとしない 銀行 ...

銀行員が見ている損益計算書の「利益」

利益が黒字なのか赤字なのかによって銀行の融資審査のハードルが一般的に異なってきます。 もちろん黒字の方が赤字よりも一般的には審査のハードルが低いです。 ところでこの利益ですがお客さんは黒字だと考えてい ...

赤字でも大丈夫か、黒字にした方が良いか

 

今年は売上が低下して赤字になってしまう可能性が高い。 しかし赤字になれば銀行から融資が受けられなくなってしまうかもしれない。 保険の解約などで黒字にした方が良いのかどうか・・・。 銀行融資の可能性につ ...

赤字の運転資金申込方法

赤字というのは入ってくる資金よりも出ていく資金の方が多いということです。 手元に資金があればそれを取り崩すことで当面は凌げますが、赤字が続ければ手元資金のいつの日かは底をつきます。 銀行が嫌がる赤字の ...

入金取引がないと運転資金融資がしづらい

銀行の融資の中で最も多い資金使途の融資は運転資金です。 銀行が運転資金を融資しやすいケースと融資がしにくいケースがあることをご存知でしょうか? 運転資金とは まずは運転資金とは何かを整理しておきます。 ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5