融資審査マンの見方

資金使途の重要性

資金使途の確認は融資審査の入り口 銀行はお客様より融資の相談を受けたとき、まず第一に確認することは何に使う目的の資金なのか、つまり資金使途です。 銀行が行う融資の資金使途は数種類があります。 代表的な ...

本当は返済が苦しいのではないですか?

銀行は融資先から運転資金の融資相談を受けた際に、本当に運転資金として使うのだろうか?、運転資金としての妥当性はあるのだろうか?などといった視点からも融資審査を行っています。 つまり表面的には運転資金の ...

設備資金の借入を目的外に使ってしまった

銀行融資の代表的なものは運転資金と設備資金の2つです。 設備資金というのは工場を建設するとか店舗を改装するなど設備投資に必要とする資金に対応する銀行融資です。 この設備資金を設備投資に使わずに例えば仕 ...

運転資金除きの返済可能期間が大切

返済可能期間を把握しましょうでは現在のすべての借入金を現在の収益力が続くとして何年で返済出来るかを案内しました。 このすべての借入金を返済出来るのに何年かかるのか把握は、その会社の収益力や借入金水準の ...

担保はないが銀行から融資は受けられますか?

銀行から融資を受けるには担保が求められる、担保がないから融資は無理だと考えていらっしゃる方が意外に少なくありません。 無担保で銀行から融資が受けられるのは上場企業など大企業の話であって、中小零細企業で ...

飲食業からの運転資金相談に対する銀行員の目線

飲食業向けの銀行融資の代表バッターは新規店舗の出店資金や店舗の改装資金などいわゆる設備資金融資です。 もっとも飲食業向けの運転資金融資ももちろんあります。 しかし運転資金に対しては銀行員はどちらかとい ...

返済可能期間を把握しましょう

返済可能期間という言葉をご存知でしょうか。 返済可能期間とは簡単に言えば今ある借入金を足元の業績状況から何年でゼロに出来るかという数字です。 借入金が過大すぎると借入金の返済が資金繰りを大きく圧迫する ...

実際の損益で審査

「赤字にすると銀行から借入が出来なくなる」「少しでも黒字にしておかないと」といったことをよく耳にします。 たしかに銀行融資の現場にいる身からすると赤字企業に対して積極的な融資はしにくくなるのは事実です ...

信用保証協会の保証余力は融資判断の拠り所

銀行が融資審査を行う際に、「この会社は大丈夫かな…」と感じることが少なくないのですが、「この会社は大丈夫かな…」という意味は事業が続けられるかどうか、突き詰めて言えばお金が続くかどうか、つまり資金繰り ...

損益計算書

足元の業況確認資料が必要

銀行融資の審査資料で大きなウエイトを占めるのは決算書です。 銀行員は決算書を分析することによって融資先の返済能力など審査の中心部分となるところを行っています。 したがって会社が設立された直後などまだ決 ...

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.