銀行融資の基本 融資審査マンの見方

消費者金融からの借金と起業資金

個人で起業する場合に起業資金は銀行の融資対象です。
しかし消費者金融から借金がある場合に銀行から起業資金の融資を受けることは可能なのでしょうか。

質問

現在、個人での起業を計画しています。
起業資金の調達を考えていますが、1つ心配なことがあります。
それは私自身が消費者金融から借り入れがあることです。
消費者金融から借金があると起業資金の調達はやはり難しいでしょうか?

個人信用情報の対象は?

私たち個人がカードローンやクレジットカード、消費者金融を利用している場合、その利用状況や返済状況は個人信用情報機関に登録がされています。
そして新たにカードローンや消費者金融の新規申し込みを行う際には金融会社は必ずその人の個人信用情報を調査して審査の参考にしています。
カードローンやクレジットカード、消費者金融は消費性の借金と呼ばれていますが、個人信用情報の登録対象となっている借金はこの消費性の借金です。

起業資金は事業資金

一方で今回のような起業資金は事業資金と呼ばれており、消費性の借金とは異なります。
そのため起業資金の借入状況は個人信用情報には登録がされません。

審査時に個人信用情報が調査される

しかしながら消費者金融から借金をしている個人と今回の起業資金の融資を受けようとしている個人は同一人物です。
融資の種類に消費性の借金と事業資金の違いはあっても借りる人は同じ人です。
つまり同じ財布ということです。
したがって消費性の借金は返済が出来ないが事業資金の返済は出来るということにはなりません。
なぜなら同じ財布だからです。
そのため起業資金の融資審査においては原則としてその人の個人信用情報が調査されます。

消費者金融から借金がある場合は融資は難しい

そもそも借金を返済するには資金繰りが安定していなくてはなりません。
資金繰りが不安定であれば毎月確実に借金が返済できるかどうか銀行は不安となります。
この点において消費者金融からの借金の存在はその人の資金繰りが苦しいとか不安定であるという印象をもってしまいます。
消費者金融というのは一般的に金利が高金利です。
高金利の借金はなるべく行いたくないはずです。
それでも消費者金融という高金利の借金を行うということはどうしてもその人の資金繰りが苦しいとか不安定であることを感じてしまいます。
銀行としては融資は最後の1円まできちんと返済してもらわなければなりません。
そのためには何よりも資金繰りが安定していることが前提です。
また起業資金、つまり事業のために使う目的で融資を実行してもそれが高金利の消費者金融の返済に流用されてしまう懸念を銀行は持っています。
このような理由から現実的には消費者金融から借金があると起業資金の融資が受けられないケースが多いです。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-,