銀行融資の基本

手形貸付の極度とは

手形貸付は運転資金を融資する際によく銀行で用いられる融資形態です。
ところで手形貸付の融資を極度にて取り扱うケースがあります。
手形貸付の極度とは何か、どのような場合に手形貸付の極度の取扱いがあるのかを説明します。

手形貸付とは

手形貸付とは銀行のいくつかある融資形態の1つです。
融資を受けるためにその融資契約書の意味合いで銀行に融資を受けるためだけの約束手形を新たに差し入れることで手形貸付の融資が実行されます。
主に融資期間が1年以内の短期融資の場合に手形貸付が用いられることが多く、また主に運転資金の融資において手形貸付が用いられています。

手形貸付は銀行に約束手形を差し入れることで行われる融資形態。 主に短期融資で運転資金で手形貸付は用いられる。

手形貸付の融資は原則個別審査

銀行が行う融資は原則として個別融資です。
個別融資という意味合いは融資の都度に審査を行い、融資を行うかどうかを判断しているということです。

手形貸付の極度とは

手形貸付はさきほど説明をしましたように融資期間が1年以内の短期融資で用いられることが多く、また運転資金の融資で頻繁に用いられる融資形態です。
ところで運転資金は事業を行うにあたり常に必要となる資金です。
そのため手形貸付の運転資金融資は頻繁に繰り返し行われることが少なくありません。

信用状態が良好な先

つまり手形貸付は常に必要な運転資金で用いられることから、返しては貸すといったことが繰り返し行われることが少なくありません。
融資実務において融資の審査は原則として個別審査なのですが、繰り返し何度も短期間に審査を行うことは煩雑な側面があります。
そのため業績が好調で信用状態が良好な取引先に対しては銀行は個別審査ではなく、あらかじめ一定限度の融資枠を設けることがあります。
この一定限度の融資枠のことを極度と呼んでいます。
つまり手形貸付の極度とは一定限度の融資枠を設けて、その極度の範囲内であれば原則として個別審査を行うことなく手形貸付の融資を実行することをいいます。
業績が良くないところにはしっかりと融資可否を判断する必要がありますから、手形貸付の極度を設けるようなことはしません。

簡易の審査はしている

もっとも手形貸付の極度いっても必ず極度額の範囲内であれあ融資を実行するということではありません。
あくまでも融資実務の煩雑を避けるために利便性の一環として極度形態を設けているだけです。
そのため取引先から手形貸付の極度の範囲内で融資の申し込みがあった際には、正式な個別審査は行いませんが、簡易の審査は行っています。
そのうえで手形貸付の融資に応じています。
手形貸付の極度だからといって決して無条件に融資に応じているわけではありません。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本
-